羽曳野市古市のトウゲンキョウ便り

こんにちは!トウゲンキョウです!

 

本日も、髪の毛のお話を、していきたいと思います!

 

今日は、髪の毛その物について

 

書いていきます!

 

皆さんは、髪の毛の事って考えますか?

 

ヘアースタイルとしての、髪の毛としては

 

考えることはあっても、髪の毛その物を

 

考える方は、美容師以外、余りいないとは思いますが。今の時代、ネットで色々、ホントの情報が、

 

簡単に入ってくる今、知らない美容師さんより、マニアックな知識をお持ちの素人の方もいてはると

 

おもいます🎵

 

適当な事では丸め込まれない賢い消費者になりたーーーーい!!

 

そんなお勉強好きな方のお役に立てればいいな🎵今日も包み隠さず行きまーす!!

 

まあ、私が伝える事なんて、学校で習った物でもなく、美容室の現場で毎日働いて来た中で

 

感じて来た事なので、細かいところは、突っ込まないでくださーーーーい(笑)

 

髪の毛は死滅細胞!!またそれかい!!

 

私が思うに、人から生えてる毛が髪の毛、ヒツジから生えてる毛がウール(毛糸)

 

実は、良く似ているものだと思います!人かヒツジの違い!それだけ!!

 

人とヒツジは全然ちゃうやん!!と、思われるでしょうが、哺乳類から生えてる色々な有害な物から

 

体を守るパーツで死滅細胞!!と言う意味合いでは似てるものだと思います。

 

日本の科学者で人の髪の毛の事を一番良く研究されてる、おじいちゃんは、実は羊毛研究家って

 

肩書きです!美容の科学系の専門機関誌などに、よく登場する先生なんですが、羊毛研究家!!

 

色々なメーカーで人毛の研究をされている方も、沢山いらっしゃいますが、多分、ここ最近

 

なんだとおもいます。研究をしだしたのが。いいとこ20年位?ですかね

 

まあ、ウールと違って人毛の商業的利用価値、なんて、ないに等しいですからね。

 

人毛のセーター、、、、、きっしょいですよね💛

 

商業的に利用価値のある、ウールの研究を、昔からされていた方の、それまでの


研究の成果を流用?してるんでしょうね。


それくらい、人の髪の毛の事、特に、その髪の毛にカラーやパーマなどを、施して


科学的に薬品によるダメージがある髪や、その、ダメージの仕組みなど


まだ、はっきり分かっていないことが、沢山あるんです。


特に、ここ最近ですよね?髪の毛に色んな事をするようになったのは?


20年前と今じゃ、平均的なダメージレベルは、かなり違います!


話が又、脱線しそうです( ;∀;)


髪の毛の話!!!


あのね、髪の毛って、健康な時は、親油性。すなわち油が引っ付きやすい!


それが、ダメージが進行するにつれ、親水性。これは、油が付きにくくなって、水を吸いやすくなってしまう


性質に代わってしまう事です。これも人によって、度合いが違います!


特に健康な時の、油の引っ付きやすさには、人によって凄く差があるように、感じます!


そんな方の特徴は、髪の毛にニオイのつきやすい人。


そんな方は、油が付きやすい!しっとりのトリートメントなんか使うと、べたーーーーーってなりますね


こうゆう髪質の人は、皮膜も付きやすく重くなりやすいです。


イメージですが、キューティクルの層が、平均よりも厚いのかな?


だから、パーマもだれやすくなるタイプだとおもいます。 


すいません 続きます、、、、、