羽曳野市古市のトウゲンキョウだより

はい!まいどです!トウゲンキョウです!

本日のブログの内容は、毛先がビビってしまった縮毛矯正の失敗の修正です!

皆さんは、毛先がビビるって意味は分かりますか?まぁ、美容師用語なんですけど

主に縮毛矯正の失敗でおこる状態の1つをさします。縮毛矯正を定期的に行っている方

なんかは、知ってることが多いですかね?

どうゆう状態の事を言うかと言いますと、なってしまう原因はいくつかありますが、一番多いのが

縮毛矯正の薬の効かせ過ぎ!!パワーオーバーが多い原因!

初めて縮毛矯正をするときなんかには、比較的起こりにくい(起こす人もいますが、、)

すでに、縮毛矯正をしている部分をもう一度矯正する時なんかに起こしやすいです!

と、言うのも髪は死滅細胞!ダメージすることはあっても治る事は一切ない!

ものなので、一度矯正している部分は、いくらトリートメントしようが、3年たとうが

矯正で受けたダメージは1%も復活しません!なので、一度矯正した所をもう一度

矯正すると言う事は、前の矯正したダメージ+もう一度する矯正のダメージになります!

特に矯正は1,2を争う美容室のハイダメージメニュー!1回でもかなりのダメージに

繋がります!ウチの矯正は傷まないとか、すればするほどキレイになるとか、栄養を補給しながらとか

優しい薬だとか、、、、あきれます、、、、どれもあり得ません!!

そんな美容師の方は、もうちょっとお勉強してください!

縮毛矯正はダメージと引き換えにおこなえるものなんです!え!じゃあ傷むの?

答えは、残念ながらYESです!そのダメージと引き換えに髪をまとまりやすく、キレイに見せる

メニューなんです!

見た目の痛みと、見えない痛み!!癖のある方は、基本まとまりは悪いですね!

その髪が、傷んでいようが、いまいが傷んで見える!その見え方が問題ですね?

そう言った、傷んで見えやすいのが癖のある毛の特徴です!

そんな傷んで見えて、まとまらない髪を、ダメージと引き換えに、つやつや、さらさら、しなやかなど

クセ毛の嫌なところを打ち消してくれる!そんなメニューです!

縮毛矯正をすると、実際はやる前より、傷むんだけど、やる前より傷んでなく見える!

そこが、大事なポイントです!

縮毛矯正を定期的にされている方は、薄々感づいてるんじゃないですか?

初めて縮毛矯正をした時の感動!!それが2回3回と続けていくうちに出てくる

毛先の違和感!!毛を1本1本よく見てみると、うねうねしてる、、、、

そのうねうねが重なって、毛先がボワっと膨らむ、それで矯正する時に又毛先までする、、、

美容室を出る時は綺麗なんです!仕上がりをキレイに見せるなんて、どんなボンクラでも

出来ますからね(爆)それと、美容メーカーが出している矯正の薬なんて、重い皮膜成分が

タップリ(爆)その重みでその時は落ち着いて見えます!でもね、持って2週間!早いと

一回のお家のシャンプーではがれます!そう!髪の毛の真の姿が現れます!

その上に、サロントリートメントを勧めてきません?美容師さんが!

臭い物にふたの考えですね!最悪です!ただでさえメカーの矯正の薬は重い皮膜成分がタップリ!

その上、サロントリートメントで分厚くコーティングしてしまう、、、、、

お家に帰ると、日に日に髪の状態が悪くなる、、、これは悪くなるとゆうより

ホントの姿が現れるだけの場合がほとんどです!!

そのほんの少しの誤魔化しの為に、髪に負担のかかるトリートメント!金額も安くはないですよね?

トウゲンキョウはそんなナンセンスなダメージの与え方、お金の使い方は全否定です!!

余計なお世話ですけどね!あぁーまた熱くなって脱線です!!

今回のゲストさん、髪質は超硬い!クセはゆるいうねりでそんなにきつくはありません!

矯正の履歴は、毎年梅雨時期に1度全体にされるそうです!そして3か月前に、まとまらないので

根本の新生部だけ矯正をされたそうです。ダメージを気にして最近はカラーも控えているそうです!

三か月前は根本しかしなかったので当然そこから毛先は、傷まない代わりに変わりもしません!

そう!変えるためには、攻めないと変わらないんです!多くの美容師さんはここでイモります!

まあ、当然ですけどね!攻めると言う事は、薬剤を毛先にまで付けると言う事!

そう、ダメージは進行します!そのダメージと引き換えに傷んでなく見せないと、攻める意味が

全くありません!ってか傷んで見えてしまう危険の方が大きいです!

だから、毛先を攻めないのが安全策!

でも、今日のゲストさんの気になる所は中間から毛先のジリジリにビビッタ部分!

ここで、攻めないと変わらない事、攻めることでダメージは進行することをきちっと説明します!

ビフォーの写真は荒切りしてからです!どう考えても、ダメそうな毛先10cmはカットしました。

写真はその後です!ここから根本の新生部に還元力の高い薬塗布!7分後に毛先まで

微酸性の低還元の薬を塗布!そこから15分放置します。結構置くでしょ?

トウゲンキョウの薬の特徴は必要最低限のアルカリと還元剤の濃度のコントロールです!

ここまで置いても、オーバーパワーになりません!そこからチェックしてシャンプーで流し

ノンオイルの軽い皮膜処理、アイロンの滑りを良くして、アイロンやくしの引っ掛かりを無くし

物理的ダメージが出来るだけでないようにします!優しくドライ後、

温度の違うアイロンで、(根本と毛先で使い分けます)毛先をカールのストレートにします!

そして2液して。ばーっとドライ!カットで整えました!

写真が仕上がりです!けさきの自然な感じ!良いでしょ!

何度も言いますが、髪が治ったわけじゃないですよ!少しのダメージを頂いて

自然で傷んでなく見せただけです!そのこともきっちり伝えます!

今回は、髪の余力がまだあったと言う事と、元々の毛の強さもあります。

決してビリビリの毛先になったすべての方を治せるわけじゃありません!!

残念ながら、手の施しようがない状態の方も多々おられます!

でも、余力があれば可能性はありますよ!

お悩みの方は、1度相談だけでもして下さい!