羽曳野市古市のトウゲンキョウだより

ビフォーです。

こんにちは!トウゲンキョウです!

ホンマ夏本番ですね、、、、参ってます"(-""-)"

本日は、今してるヘナのキャンペーンで初来店のお客様!

一カ月ほど前に、傷むとは説明されたけど、やっちゃった!お客様です!

何をやっちゃったかと言うと、縮毛矯正とハイトーンカラーの同時施術です!

中間から毛先は、完全にビビってます!!ビビりとは、過度のダメージによって起こる

髪の毛1本1本が、ジリジリにちじれてしまった状態の事です!!

原因としましては、矯正の薬による、過剰軟化!!コンディションや髪質に対して

薬液のパワーが強すぎたり、時間が長すぎたりで、アイロンの工程が終わった時点

で元の長さより5%以上の長さの伸びが出た場合いに、起こります。

わかりやすく言えば、パンツのゴムが伸び切った状態!力がかからないと

ビヨンビヨンでしょ?あれと同じです!!伸びきったゴムは戻らんのと同じで

髪もそこまで行くと戻りません!!今回はその上、ハイトーン(当然高アルカリ!!)

のカラー剤で、間髪入れずに染めてます、、、、

きっと、カラーの時に、クシでといてしまってるでしょうね、、、、、、、

なるようにしてなるダメージだと思います!!

最近、一番負担が大きくて、髪のコンディションが悪くなるであろうと、考えていたパターンに

ドンピシャです!今回は、ヘナとハーブブラウンの2度染めです!!

白髪も結構あるので、次からのヘナを、楽にする為、きっちり2回に分けて染めます!

まず、シャンプー後ヘナナチュラル(ハナヘナ100%)を全体に塗って40分放置します!!

これで、ベースにヘナの色素を入れ、上からのかぶせるインディゴの染まりの深みを出します!

一度流してから、ヘナ4割 インディゴ6割の いわゆるハーバルブラウンって

言われる、物を塗っていきます!ヘナとインデゴを4:6で混ぜたものは

非常にいい色なんですが、ヘナとインディゴを混ぜると、染まる力は低下する、

そう!そこがやっぱり自然の物って感じですね!

普通の感覚で行くと、本間使われへんやつって感じです(爆)

その薄くしか染まらないのを、カバーするのが一回目のヘナです!!

それで深みが出ます!!

めんどくさいですが、1度このベースを作ってしまえば、3週間くらいの周期であれば

一回染めでも、十分根本が気にならないくらいにはカバーできます!!

これが1か月以上のサイクルだと根本が1cm以上伸びて、1度染めでは

根本の薄染まりの部分は目立ちます!

そうなるとやはり、根元の2度染めになります!!

どうですか?ホントに思ったとうりにはコントロール出来ないこの感じ!

これがめんどくさいと感じる人には、勧めませんし、合いません!!

ただ、5年、10年、20年先も、、、と考える方には唯一無二の存在です!!

で、写真は2度染め後乾かした状態です!

染めたては、インディゴの青が勝って緑ぽくなりますが6時間ぐらいたつと

緑っぽさはなくなります。そこから日に日に、1週間くらいかけて発色していきます。

結構綺麗な色でしょ?

2度染め後乾かした後です!