羽曳野市古市のトウゲンキョウだより

ご機嫌いかが?トウゲンキョウです!

雨と風がきついですね( ;∀;)

この台風が過ぎたら、梅雨が明ける可能性が高いそうです!!

じゃあ、もうすぐ夏本番!!

もう7月も中を過ぎたので、お盆まで1か月無い!!

そう考えると、夏って短いですね!!

ほんで、夏と言えば紫外線!!

紫外線対策されている方も多いんじゃないですか?

最近の日焼け止めの商品も、A波、B波など、波長の違う紫外線を

きっちりブロックする物も多く出てきました!数年前に比べると

商品のラインナップも、もの凄くなりました!!

ドラッグストアの棚を見ると、凄いスペースに凄い種類の日焼け止めが、、、、

紫外線を吸収するタイプの薬から、拡散さすタイプまで、、

赤ちゃん用や、子供用、等々、、、、、、

数年前の状況からの変化を見ると、売れるんでしょうね(笑)

メーカーは売れるものを作って売るのが仕事!!

そう!売るまでが仕事なんです!!

だから売れそうなカテゴリーの商品は、どのメーカーも競って商品開発して

販売します!!メーカーに対して悪意のある書き方になってますね!

ほんで2~3年位前から、髪の日焼け止めなる商品まで出てきました!!

使ってる方います?ホンマ、うれりゃ何でも委員会!!

確かに、紫外線は髪にとって有害だと思いますが、

髪に何かを塗って、紫外線対策する優先順位はかなり下の方だと思います、、、、

髪の毛は何のために生えているか!!

皆さんご存知ですか?人間のルーツをずーーと辿って行けば

古代の原子生物になります!!みんなのひいひいひいひいひいひいひいひいひい×めっちゃ

じいちゃん、ばあちゃんです!!そこから海の中で、魚やエビ、カニなどの

甲殻類、や植物に分かれて各自、進化をしていきます。

そこから長い時間をかけて、海から出る進化をするものが出てきます。

人間はなぜ手が2本、足が2本かご存知ですか?

実はその理由は、とても簡単なんです!

その理由は、海を離れて始めて陸上に上がる進化をした魚のヒレが4枚だったから!!(爆)

もしその魚が、シーラカンスのようにヒレが6枚あったら、手足は6本になってます!

たまたま、陸上に初めて上がった魚がヒレ4枚だから、手足は4本!!簡単でしょ!!
えーっと、凄い話に発展してきました!

髪の日焼け止めの話から地球の進化の歴史の話へ、、、

まあ、知っていてもらいたいので、続けます!!

進化はなぜ起こるか?ご存知ですか?

僕はこういった知識も、髪の毛の勉強から知りました!

象の鼻や、キリンの首も、進化によってできました!

生きてるものは絶えず進化し続けています!!

実は、悲しい話ですが、進化とは99%の滅亡があって初めて起こるもんなんです!!

悪条件の中残った1%(鼻の長い、首の長い1%が短い個体よりも、高い位置の

エサをとれる)が残り、その遺伝子が受けつながれてゆく、、、、

99%が滅亡するような過酷なことがあるから、進化はあるんです!

初めて知った時には、複雑な気持ちになったのを覚えています!

だからきっと、初めて陸上に上がった魚の中にも、適応できずに死んでいくものが99%!!

残りの1%が適応する!!!

その為にそなえたものが、ケラチンタンパクです!!

体の一番外側の皮膚、髪、爪などです!!

このケラチンタンパクが、海から陸上へ生活を移す上での進化なのです!!

皆さんついてきてますか?義務教育ちゃいますからね!

ワカラン人はおいていきますよ!(笑)

僕はめっちゃロマンチックな話だと思うんですが、、、

もう少しお付き合い下さい!!

そう!海の中ではケラチンタンパクは必要なかったんですね!!

それが陸上に、上がる事によって起きる害!!

1つは重力!1つは乾燥!そして、紫外線!!等々

はい!やっと出ました、紫外線!!

それらから体を守らないと、陸上では死んでしまいます!!

よりライバルが少ない生活の場を求めて、過酷な環境にチャレンジしたことでの進化!

魚の一番外側(ウロコ)はコラーゲンなんです!!周りは水なんで乾燥に対応することは

必要なかったんです!進化の過程でその、コラーゲンの上にケラチンをまとえたものが

生き残ったのです!ロマンチックでしょ?

又、違うラインから陸上に進出した生き物に昆虫や植物などがあります!

昆虫なんかは、エビやカニのような甲殻類から進化!

その進化で乾燥や重力、紫外線から守る体の表面は聞いた事があるかもしれませんが

キチンキトサン!!また植物がその進化で得たものがセルロース!(多糖類)

なんです!

そう!陸上で生きているものは、必ず99%の滅亡を超えて進化したものだけしか

いてないって事なんです!海の中に比べると、陸上はかなり過酷な条件です!!

海の中で生活してるものにとっては、それこそ宇宙で生き残る位過酷!!

その色々な進化で得たものを、人間は利用しています!!

植物の表面のセルロースなんかは、ボディソープのうるおい成分に!!

昆虫や甲殻類の表面のキチンキトサンなんかは食べるヒアルロン酸として

毛や爪のコシやハリを出すサプリや、ヘアケアの商品に!

ケラチンなんかはそれこそ今は、羊毛由来や鳥(羽毛)由来など色々あります!

みんなそれぞれ陸上での生活に適応するために進化で得たもの!!

何由来かによって、特性が変わるという事です!

これを勉強した10年くらい前は、前処理剤や中間処理剤、後処理剤にはまっていたころです!!

でも、結局理屈はあってても、髪の毛と同化することもなく、1%の修復することもない

(髪は死滅細胞!!)なので、机上の理論!!全く意味なかったっす(笑)

結局は、同化することなく流れ出て下水の肥やし(笑)それを持たすためには

結局髪をコーティングするしか方法はなく、それがかえって髪の負担になるという事実!!

でもね、それがあっての今なんで、それも大事だったなって思います!!今はね!!

だから、今も髪の栄養をなんちゃらかんちゃら、植物由来がなんちゃらかんちゃら

天然成分がなんちゃらかんちゃら、なんて言っている美容室を見ると

あーあーって思いますね!

歴史的脱線しましたね!

髪の日焼け止めの話からですよ!脱線しながら目的地まで通り越した感じです(笑)

そう!!髪は紫外線から体を守るためにあるものなんです!!

体の中では一番紫外線に強いパーツ!!知ってましたか?

それに日焼け止め?もっとしないといけない事ありますよ!!

メーカーも売るためにあんまり無茶苦茶せんといてほしいです!!

うれりゃ委員会?どうも無知な僕たちは騙しやすいカモやと思われてるんですかね?

ホントは何がいい事なのかもわかってるんです、メーカーはね!

ただ、ホントの事を言っちゃうと売れないんです!!ほとんど必要のない物ばかりですからね(爆)
まあ、髪は、紫外線に対してはとても強いのですが、あくまでも健康毛の話!!

そう!ダメージしちゃうと、話は変わると思います!!

髪は強いていっても、表面のキューテイクルの話です!そこを過度に損傷させると

ダメージの加速にはつながると思います!!髪は海苔巻!!

海苔がキューテイクル!米が髪の内部でかんぴょうが芯(髄)な感じ!

強いのは海苔の部分!!後の中身はとてもデリケートなんです!!

そのキューテイクルを良く傷めるのが、美容師がよく使うアルカリの薬なんです!!

ヘアーカラーやパーマ液にほとんどもれなく入ってます!!これがキューテイクルを

溶かします!!でもそうしないと、染まらない、あたらないなんです!

これをしすぎたり、コントロールする事を甘く見ちゃうと、ダメージが大きくなり

進化の過程で手に入れた、強さを無くしてしまうんですよね、、、、、

トウゲンキョウで低ダメージにこだわる理由です!!

でも、いくらダメージで紫外線に対する強さが落ちたからと言って、髪の日焼け止めは

ナンセンスだと思います!!そこまで気を使うなら、カラーやパーマもしないとかじゃないと

価値観がおかしいと思います!髪の日焼け止めを勧めるくらいなら、当然カラーやパーマの

ダメージを減らす事に、真摯に向き合ってますよね?もしそうではなく、勧めるなら、

プロとしていいんでしょうか?いや!良くありません!罪だと思います!

ほんで、髪は死滅細胞!!傷むことはあっても治ることはあり得ない!!

だから、紫外線のダメージを気にしないといけないのは、地肌なんです!!

それは、そうでしょ?紫外線で頭皮の遺伝子に悪影響が出ることが一番怖い事です!!

それに比べれば、髪の日焼けなんて、笑えるレベルです!!

その頭皮の紫外線対策もばっちりで、髪もしてますっていうんなら道理はあってるとは思いますが

きっと見た目は、生前のマイケルジャクソンみたいになってるでしょう?

納得いただけましたか?

最後に、一番効果的に頭皮を紫外線から間も方法!!をお教えします!!!

ずばり!!帽子をかぶって下さーい!!それで日傘を差せば完璧です!!

簡単でしょ?(笑)