羽曳野市古市のトウゲンキョウだより

髪のダメージはトータルで考えることが必要です!!

家計のやり繰りと似てます(笑)

使える分は決まってます!借りるわけにもいきません!

例えば、カラーのメニューの時にそのメニューだけのダメージだけで考えるとし下手打ちます!!

その後に、パーマや、矯正をする予定があるなら、当然その余力を考えないといけませんよね?

そこで、計算しないで髪の余力を使いすぎると?次のパーマや矯正の仕上がりは??

分かりますよね?とくに矯正と毛染めの両方されている方なんかは、

ある程度カラーの部分で妥協することも必要になります。

その妥協とは、希望の明度を下げるとか色味をナチュラルな色味にして、極力リタッチで行き

毛先のカラーの回数を極力減らす!!ここで元の髪色と全然違うアッシュ系なんかで

染めてしまうと、当然次のカラーまでに退色し、次も毛先まで染めないといけなくなります!!

そうすれば染めれば染めるほど、毛先はキンキンに、、、、、、

色も、数回のシャンプーで落ちてしまう、、、と悪循環に、、、、

そうゆうスパイラルに陥ってる方なんかは結構見ますし、

ホームカラーをされている方なんかは、毎回付けなくてもいい、毛先の方まで

薬が付いてしまう事が多いので、当然髪の余力は凄い無くなりやすいです!

白髪染めなんかだと、色が濃いので見た目のダメージはそんなに感じにくいですが

それは、色だけで、その色を抜きに考えると、お顔周りなんか特に毛も細いし

白髪も目立つので、そこだけ染めてしまう方も多いから、破たんしてしまってる場合が多いです!

基本ホームカラーを頻繁にされている方で、矯正がキレイにあてってる方は、見たことありません(爆)

ホームカラーだけで余力がなくなってしまってる状態では、どんな上手な人が矯正しても

結果は出ません!!当然の理屈です!!それでいい訳がありません!!

後は、染まりの部分を妥協して(染まりの悪さや色味、明るさ)ヘナでダメージを0にし

さらに、髪の強度を上げる!!これは効果が高いです!!

さすがに、矯正の伸びを妥協するのはねぇ!伸びないと、意味ないですしねえ、、、

ちょっとのボリュームダウンぐらいでいいなら別ですけど。

続く