羽曳野市古市のトウゲンキョウだより

寒色系の色を、キレイに出すためには、日本人に多い、赤みのあるオレンジ色のメラニンが

邪魔になるんです!!そらオレンジ色の画用紙に青の色鉛筆で、色を塗っても

綺麗に青は出ませんよね?補色であるオレンジと打ち消し合います!

毛染めも同じなんです!

だから、地毛のメラニン色素と全然違う色に染めるには、邪魔にならない程度に

髪の赤みのあるオレンジ色のメラニンを破壊しないと、色が出ません!!

そう!同じ8トーンでも、ナチュラルなウォームブラウンと、アッシュでは

アンダー(地毛の事)の削る色素の量(脱色力)が、全然変わってきます!!

だから、寒色系のカラーは色が抜けると、凄く明るく感じるんです!!(実際明るいんですが!)

ほんでもって、色も抜けてくるので、アッシュ系の色味は染めるたびに毛先まで染めないと

イケなくなり、ドンドン毛先が、アッシュカラーの強い脱色力でキンキンに成るんです!!

毛先の色が抜けて、生えて来た所を、アッシュでそこだけ染めてもおかしいことになりますし!!

だから実際、同じ8トーンでも、ウォームブラウンよりアッシュ系の方が傷むんです!!

わかりますかね?

まぁ色は好き嫌いがあるんで、好みの問題ですが、そんなに色味にこだわりがなければ

地毛の色と似ている系統の色で染める方が、負担も少ないし、色が落ちてもわかりにくくなります!

リタッチもしやすいですしね!地毛の黒い色が嫌ならば、染めないといけないんですが

この辺を考えて、色味を選択した方が、後々、コンデションを大きく左右します!

だから思い付きで染めるのもいいんですが。後々の事も考えた方がいいかな?とも思います!

そう!髪は死滅細胞!一度破壊したメラニンは何をしても戻りません!!一方通行なんです!

だから、パープーの美容師が、新色、新色ってはしゃいでも振り回され過ぎない様に注意です!

色味のチェンジの度に、毛先まで染めないといけません!そんなことを頻繁に

繰り返すと、髪は崩壊して、色を入れても、2~3回のシャンプーで毛先の色が落ちてしまう!!

そんな状況になります!!色が定着する為の髪の余力がない状態です!!

美容室を出る時は、さぞ綺麗でしょうけど、賞味期限が2~3日!!生菓子か!!

ってつっこみたくなります(笑)ナンセンスだと思います!

続く