羽曳野市古市のトウゲンキョウだより

どうも!いつもお世話になっております!あなたの街のトウゲンキョウです!

本日のブログは、ずばり!髪は死んでいるのか生きているのかって事です!

このブログで、さんざん髪は死滅細胞で、ダメージは治らない!

と、口うるさく綴って来たのですが、最近、髪は生きている!って考えをチラリと

聞いたりしたんで、もう1度整理をしようかな?って感じです!

髪は死滅細胞だってのと、髪の細胞は生きているってのは、真逆!

こんな、基本的なところで意見が分かれるなんて、ホント髪ってまだまだ

解明されていない事ばっかりなんすね!

実際、営業で沢山の髪の毛を、見ることだらけなんですが、生きてる死んでるは

この際置いといて、傷んでしまったダメージが修復されることはない!

ここは、実際そうなんですね、、見た事ないです、ダメージ治った人は(笑)

死んでいようが生きていようが、治らんもんは治らん!

ここは、生き死には関係なさそう、、

でも、髪の毛が、その時の体調や、季節なんかの影響によって、何らかの変化を

するんではないのかなぁ?って思う事象はあるんです!

ヘナで感じた事なんですが、ヘナってただの植物で、髪質や体調で染まりが変わるって

言われてるんですね!髪質はまぁ違えば、染まりは違うやろなって事は、なんとなく理解は

出来ると思うんですが、実際違いますしね!

ただ、ヘナを定期的にされている方なんかで、前回しっかり色が入ったのに、

今日は、色の入りが悪いなぁ!って感じる事があるんです!

ヘナは植物だから、取れた畑や季節でクオリティーは変わる!

これも、良く聞く事で当然だと思うのですが、どうもヘナの違いだけではないような気が

してんですよね!若干のヘナの違いでは説明が出来ないような変化も感じます!

ここは、ヘナの違いよりも、髪の何かが前回と違うんじゃない?と考えないと

解決が難しいような事も、

ヘナは、角質に入ります!角質が厚いほど良く染まる!

その角質が、毎回毎回少しずつは、変化しているような気がしてしゃあないんです!

いくらヘナの取れた季節が畑がってゆっても、そこまで変わる?って事が実際ねぇ、、、

あるんですわ!なんかしら、生きてる影響?ていった方がしっくりくるような、、、

だから、生き死には、ダメージ治る治らんでは図れないような気がしてる、最近です!