羽曳野市古市のトウゲンキョウだより

どーも!トウゲンキョウです!

本日も、余力0への挑戦の続きをお送りします!

最初に還元剤(矯正の薬ね)を塗ってから30分後に、流します!

軽くシャンプーした後に、ノンオイルの皮膜処理をします!

これで、アイロンからの摩擦を軽減させて、アイロンの滑りを良くします!

温度の違う3種類のアイロンを使い、毛先をラウンドさせて、

ぱっつんの金タローにならないようにします!

2液の時に、退色して明るくなってる所に同時進行で色味を入れました!

全ての工程を終え、ドライヤーを丸投げ(笑)

勝手に乾かしてもらいます!それが写真の状態です!!

しっかりと色は落ち着き、処理剤を使用したので、凄く潤いを感じます!!

好みの問題はあると思いますが、

重い質感ですね。うーーーん、、、、好みによるんでしょうが、やはり軽さが無くなるのは、、、

僕の好みでは無いですね!動きが制限されると言うか、、、

しっとりとつややかで潤ってるのは、凄い良いポイントなんですが、、、、

頭を振った時なんか、どうしても、質量が増してるからなのか動きが小さい、、、、

こんな質感が好みの方も、多々いらっしゃると思いますが、ケースバイケースですねぇ!

後は、時間とともにどういった変化が起きるのかの観察ですね!

髪の内部に入れた処理剤が、流れ出したときにどういった質感の変化が起きるか?

そこが最重要!!ここは又追ってUPしますね!

確かに余力のない部分に人工的に余力を持たせデザインすることは出来ましたが

基本的に、トウゲンキョウでの出番はそうなさそうです!

あまりにもダメージが酷すぎて施術できないレベルのお客様に、自己責任のノンクレーム

での施術時に、可能性を上げるために登場さすくらいかな?って感じです!!

確かに、しっとり感や、ツヤや柔らかさは凄いんですが、猫も杓子もその質感を出すために

使用しようとは思いません!!まぁ基本コンセプトからするとそうなんですが

ホントにドーピング時のみの登場となりそうです!

施術したモデルの嫁も、基本今まで、ノンオイル被膜で出来るだけ軽く仕上げていたので

終了時の一言「トリートメントいっぱい付けた?」「重いわ!」と、、、、

どこで登場さすかが、センスの見せ所ではないでしょうか?