羽曳野市古市のトウゲンキョウだより

今回は、ピーマンに少し歯ごたえが残るくらいで、薬を流します

狙いは、足らない還元部は、アイロンの物理的パワーをあげてカバーしようと!

なんせ、気を付けないと顔周りやネープなど、目立つところの毛がビリビリにちぢれます!

そうならんようにも、限界の手前のゾーンで勝負します!

薬剤を流して、セルロース(海藻からできる食品添加物)と

カルシュウムでノンオイル被膜!でアイロンの滑りを良くします!

やさしく乾かして、180度のアイロンで毛先にナチュラルなカールが付くようにします!

写真はアイロン終了後です!

本当なら、アイロンの温度を部分によって下げたりするんですが、今回は

アイロンパワーを多く使うつもりだったので、180度で行きました!

狙いどうり、少し硬さが残る還元具合です!

こうすると、次の矯正時もいくらかは攻めれる余力が残りますので、後々助かる事に

なります(笑)と、先の事も見据えてます!

アイロンをしながら、ヘナについても少しレクチャーさせて頂き

一週間後にはヘナをする事にもなりました。ホームカラーもヘナを使用していけば

カラーのダメージは0になるので、美髪には大変な近道になります

他にも、毎回カラーやデジパの時にするサロントリートメントの真実や(実は傷むって事ね!)

ホームケアの仕方などを話しました

今の状態は、過去の結果って事ね!根本的に正しい事をしない事には

いい結果が付いてこないって事!

カラーやパーマ直後の残留物質がたくさん残った髪にサロントリートメントで蓋をする!

間違いなく、髪を内部から破壊していきます。カラーやパーマ後は、出来るだけ早く

シャンプーなどで残留物質を洗い流すのが1番です!

試しに、爪にでもパーマやカラーの薬を付けて、トップコートでも塗って1か月でもほっといてみてください

爪がすんごい事になってますから!髪も同じです!!

カラーやパーマ後にニオイが残りますよね?あれって匂いだけが残ってるんじゃなく

匂いの元となる、化学物質が残ってるって事!きっちり中和さしたりして

出来るだけ除去する事が、とても大切なんですよ!

もしかして、いまだに、カラーやパーマの後に勧められるがまま、サロントリートメント

してませんよね?試しにネット検索で「サロントリートメント 傷む」で検索してみてください

続く