羽曳野市古市のトウゲンキョウだより



カットしてからシャンプーをする前に、ひと手間入れます!!

今回は、特に髪が細くなっているところに、ポイントを置きます!

そこに合わせた、還元剤の選択!!中性の複合還元剤に、GMTと言う還元剤を5%添加!!

これで、じっくりと還元させようと思います!!しかし問題が1つあります!!

サイドの毛や、襟足付近の毛は割かし、しっかりしてます!!

そこは、還元力が足らないだろうと想定して、マル秘の還元剤!!でその部分だけ

プレ還元!!5分放置でシャンプーです!!このマル秘の還元剤が

まぁ聞いた事のない還元剤!!昔から使ってる美容材料の調合で出来るんです!!

アレとアレを混ぜると、弱い還元力を発揮するやつなんです!!

初めて聞いた時は、目から鱗でした(笑)

そのプレ還元を行う事で、還元力の弱い薬でも、わりかし、しっかりしている部分の毛にも

パーマがあたりやすくなります!!

しっかりしている部分と、細い部分の差が大きい時や、ダメージレベルの差が大きい時なんかに

効果的な手法です!!巻き終わってから、薬を塗布して5分でチェック入れます!!

うん!!想定どうり!!5分追加で、酸化処理(2液ですね!)その前に、

パーマをあてる時に、出来る嫌な副産物!!ミックスジスフィルドと言う

凄い名前の(笑)こいつを、減少さすひと手間をかけます!!

ごわつきが減少できるんです!!その後、ブロム酸でゆっくりと酸化させ

プルンとしたあて上がりの質感を狙います!!

この、潤ってる質感でパーマをあてれるかどうかが、パーマのクオリティーを大きく左右すると

私は考えています!!パーマスタイルは、乾燥すればするほど、キレイには出ませんよね?

いくら、シャンプー後の濡れている状態が、綺麗なカールが出ていても、ドライして

水分が飛びすぎる状態になってしまっていたら、スタイルは酷い物になります!!

それか、ムースやトリートメントでウエットな状態をキープする!!

でも、それが求めていたパーマスタイルでしょうか?違いますよねぇ?

パーマをあてて手間が増すなら、当てる意味合いはホトンドなくなると思っていますので!!

楽に出来ないと意味がない!!ニットキャップでご来店頂きましたが、お帰りは帽子なしで!!

ウイッグももいいらんと嬉しい一言頂きました!年明けにはカラーします!