羽曳野市古市のトウゲンキョウだより

ブログ画像ブログ画像マイドどうも!!トウゲンキョウです!!

今日は少し寒かったですねぇ!!そろそろ仕事納めでお休みの方も多いんじゃないんでしょうか?

トウゲンキョウは、明日の営業が本年最後となります!!

もうひと踏ん張りです!!

では、昨日の続きをば、、、、

トウゲンキョウの人気メニューの一つハーブ染め!!

オーガニックカラーとかそんな胡散臭いものでは無くて、100%植物で染める植物染め!!

地肌や髪に負担がないどころか、頭皮や髪を健やかに整える効果がバリ高!!

そんな、ハーブ染めのお客様が急上昇です!!

主に使う植物が、言わずと知れたヘナ!!ミソハギ科の植物で、サルスベリの木の仲間!!

この植物の乾燥した葉肉とお湯のみで染めるのですが、色素はオレンジ!!

白髪が多いと、ちょっとオレンジはきついなぁ!って方の為に、ある植物が、ナンバン藍!!

インディゴですね!!最もポピュラーなのがジーパンね!!藍色(ブルー!)ですね!

オレンジの補色になるので、このインディゴを使って色をブラウンぽくしていきます!!

しかし、このインディゴがなかなかの曲者で、、、、発色している途中で、水分が不足すると

紫に発色してしまう!!その仕組みが、

インジカンって成分が藍植物の葉の中にあり、葉の組織が破壊されると、その葉の中にある酵素に

インジカンが分解され、インドキシルになる!!

そのインドキシルは、2分子が酸化的に結合してインジゴ(藍色)になる!!

しかし、その際にインドキシルが単分子的に酸化されて、イサチンが出来ると、未酸化の

インドキシルと結合して、インジルビンが出来る!!

むずいでしょ(笑)!簡単にいえば、水分が十分にあれば、インジゴ(青)が出来て、

水分が足らなければ、インジルビン(紫)になるって事です!!

ヘナやインディゴなんかは、ただの植物!!人間がこうしたいからと言って、コントロール出来るもので

は、ありません!ただ、コントロール出来ないからこそ、知っておいた方がいい事は

たくさんあると思います!!なんせただの草なんで、腰をすえて、これからも

色々と実験を繰り返し、コントロールはできないが、着地点を読んだり、必要な条件を

与えたりして、少しでも多く自然の恩恵が受けれたらいいなぁって思っています!!