羽曳野市古市のトウゲンキョウだより

マイドどうもトウゲンキョウです!!

本日は久しぶりにサロンワークをお伝えします!!ブログ画像本日初来店のゲスト様!!昨年の9月に近隣の大型店で縮毛矯正のキャンペーンで

安くなっていたので、初めて行って、この状態に、、、、ブログ画像どこの、お店かもわかってます(笑)これは無いですよ!!

3年前程から、ショートから伸ばしだし縮毛矯正をしておられました!!

3年間縮毛矯正にしに行ってた店は、弱い薬でアイロンも使わないらしく、

ダメージが少なかったと、、、、そらそうですが、癖の伸びは当然イマイチ!!

そこで、もっと綺麗に縮毛矯正をあてたくなり、この始末、、、、、、

ここまで、やってしまうのは問題外ですが、それまで通われてた美容室の

弱い薬でノーアイロンの縮毛矯正もどうですかね?

第1の目的である、癖を取るって部分が不十分だと、ダメージが少なくても

どうなんでしょ?って感じもします!!

しかし、前回の失敗は酷いです。お客さんがかわいそうです。

原因は分かりました!!憶測ですが、ゲストさんはお薬が効きにくい強い毛!!

薬の効きが弱いまま、アイロン操作に入り、何度も何度も強いテンションで、

高い温度のアイロンで伸ばしてしまったが為に、髪が焦げて炭の状態に、、、、

縮毛矯正は、薬品の科学の力と、アイロンの物理の力で伸ばすもの!!

狙いで、薬の効きを弱めにして、物理のアイロンの力を上げて施術する事も

その逆も、状況によって使い分けたりしますが、今回のはただの軟化チェックのミス!!

あまり薬の力が弱すぎると、物理のアイロンのパワーを上げても、いい結果は待ってません!!

要はパワーのバランスですね!!そのバランスを無視してパワープレイの結果

写真の状態に、、、炭化で針金のように硬くなり、毛先はビリビリに、、、、、

特に前髪の炭化は酷くて、前髪は短くて健康毛なので、一番硬くきっと何度も何度も

アイロンされたのでしょう!聞いてみるとそうだったと、、、、、

日頃のお手入れの仕方や、ケアーの仕方を聞き、ある程度の修正は出来るが

ざらざらした手触りは残る事、それともう一度薬を付けて攻めるので実際のダメージは進むこと

を、お伝えして、施術します!!伸ばしてるのでカットも極力したくないそうなので、

がんばります!!

つづく