羽曳野市古市のトウゲンキョウだより

ブログ画像マイド!トウゲンキョウです!

最近は使ってる道具や薬なんかを紹介しているんですが

そうしたら、やっぱりカラーの薬の説明もしとこかなーって事で、本日は

トウゲンキョウで使用しているカラー剤についてです

ヘナやハーブカラーはさんざん説明していますので、今日は無しで!

トウゲンキョウで使用しているカラー剤は、サンコール社のレアラってカラー剤です!

このレアラって僕が美容師見習いしていた最初の店で出会ったんですが、歴史は長いですね!

名古屋のメーカーなんですが、色々とリニューアルしながら現在までに至ります!

今まで、まあ結構長く美容師をさしてもらってるんで、当然色んなメーカーのカラー剤は

使ってきました!ほんでトウゲンキョウをオープンする時にコンセプトである

ダメージを抑えて綺麗な髪!に一番ピッタリなので導入しました!

基本カラーと言うのは、どのメーカーでも染めるメカニズムは同じなんです!

カラー剤のアルカリ剤と2液の過酸化水素で活性酸素を発生させ髪のメラニンを破壊して

髪色を明るくする、で酸化染料を酸化重合させ発色させ色を染める!

このメカニズムは、アルカリカラーと呼ばれる毛染めは全部そうなんです!

昔からここは変わってません!

じゃあ、どこのカラー剤でも同じちゃうん?そー思ったあなた!甘いです(笑)

メーカーによってこのアルカリ剤の量ってのが異なります!

例えば同じ8トーンのブラウンっていっても、アルカリの量は千差万別!

アルカリ量が多いほど活性酸素はたくさん発生して髪のメラニンを破壊します!

当然、多く破壊した方が地毛の明るさは明るくなります!と、同時にダメージも進行します!

同じ8トーンで明るさが変わったらおかしくない?そー思いますよね?

そう!明るさは変わってるんですよ!染め上がりはその明るさの上に染料が乗るので

染め上がりの明るさは同じなんですが、色落ちした時にその差があらわれます!

これは色でも変わってきます。地毛に近い色味(ウォームブラウンなど)と

アッシュなどの寒色系では地毛の明るさは変わります!

髪の毛は画用紙などと違って元々色があります。同系色ならそんなに元の髪色を

削らなくても、表現できます!しかし赤味の強い日本人の髪を寒色系に染めるには

邪魔になる赤い色素を削らないと表現出来ません!

続く