羽曳野市古市のトウゲンキョウだより

ブログ画像ども!トウゲンキョウです!

では続きです!

先日のブログで、カラーメーカーは数あれど染めるメカニズムは同じと言う事

おなじトーンの染めでも、メーカーや色によりアルカリ剤の量が違い地毛の明るさは変わる事を

お伝えしました!で、なんで?レアラカラーなのか?って事なんですけど

他のカラーメーカーのカラー剤って、一つのチューブの中にアルカリ剤と染料が

まとめて入っています!レアラカラーってアルカリ剤と色素が分かれていて

ミックスしてその都度作るんです!と、言う事はアルカリの量をお客さんに合わせて

コントロール出来るって事なんです!10人いれば10通り髪質は違います!!

目指す明るさにするアルカリ量も人それぞれ違います!!これ当然!

1つのチューブに入っていれば、そのアルカリ量がばっちりの方にはいいんですが

そこまで必要ない方には、無駄なダメージに繋がります!黒くて硬い毛には

当然パワーが必要になりますし、細くてやらかい毛にはそんなにパワーはいりません!

これも当然です!このアルカリ量のコントロールってのを出来るカラー剤がレアラカラーなんです!

多分、唯一無二だと思います!最低限のパワー(ダメージね)で目的の色や明るさを

表現できる!ココが大きなメリットです!このブログでもさんざん書いてきましたが

髪のダメージは一方通行!一度痛むと何をしても回復する事はありません!

今日染めた根本も、いつかは必ず毛先になりますよね?その時に出来るだけ健康な状態を

キープするためには、考えてた方が良いと思いませんか?

デメリットとしては、最低限のパワーで染める為、染める前のシャンプーは必須になります!

他メーカーで、シャンプーなしでも染めれるものがほとんどなんで、時間と手間はかかりますが

お時間だけ頂いてます!シャンプーの手間はトウゲンキョウが負担してます(笑)

髪のダメージが少ないって事は染め後の色落ちも起きにくいんです!

当然地肌の刺激も低いです!

他メーカーではもっと簡単にビビットに発色するカラー剤はいっぱいあります!

ビビットに発色するためには、当然地毛のメラニンを大きく破壊しないと出ません!

後はホームカラーなどに使われる直接染料と言われる種類の違う染料を使うかです

この染料は、はっきりと色がでるんですが、色落ちも早い(笑)