羽曳野市古市のトウゲンキョウだより

マイド!トウゲンキョウです!

なんか寒くないですか?春はどこに?

本日のブログはカラーリングについての提案の1つです!

フロスティングって聞いた事ありますか?

フロストは霜!霜降りのようなカラーの技法なんですが、もう20年位使ってる

テクニックの一つです!

そやからそれはなんやねん!ってなりますよね(笑)

答えましょう!カラー剤を塗る時に、塗る所と塗らない所をランダムにざっくりと

縦のラインで造っていく方法です!ホイルなどを使う3Dカラーももちろんよろしいんですが

ほれ、それは手間が掛かる(爆)イヤイヤ手間がかかるって事は料金もかかります(笑)

そこまでくっきりとしたラインじゃなく、少しの明度(明るさの差)をラインで入れてあげる事

なんですが、これがバカには出来ません。効果の一つとして立体感が出ます!

小学校の時なんか絵なんか描きますよね?例えば木の絵!

木の幹を茶色一色でべた塗すると、ペッタンコな印象の木の絵になります!

濃い茶色や薄い茶色を使うと絵に立体感が出ますよね?それです(笑)

それをホイルを使わずざっくりしてしまうのが、フロスティング!

塗る所と塗らんところを分けて塗り、ある程度の時間を置いてから

全体に薬をなじませる。当然先に塗ってた所は発色も明度も良くなり明るくなります!

後からなじませたところは、発色も明度もそんなに出ませんし明るくなりません!

同じ薬による、時間差で出す差!なんです!

もう一つのメリットとしては、なじます時に根本の地肌部分にはあえて薬が付かないようにします!!

こうする事によって、根元に数ミリ位地毛の部分を残します!なぜって?地肌も沁みませんし

そりゃーあなた、伸びて来た時に染めてるところと生えてきた部分の境目をぼかして

はっきりと分からんようにする為ですわ!この効果がバカに出来ません!

あら!!びっくり!しばらくして伸びてきても境目が良く分からん!

と言う事は、こまめにカラーリングしない方にはピッタリじゃないでしょうか!

べたっと一色塗は、下手するとホームカラーでも出来ちゃいますが(ダメージは別ですが)

この塗り方は家では出来へんのちゃいますかね?プロの値打ちです(笑)ブログ画像ブログ画像実際の感じはこんな感じです!

イラストで説明!!下手ですが(笑)ブログ画像ブログ画像料金は普通のカラーと同じだす!