羽曳野市古市のトウゲンキョウだより

おはようございます!!えらい雨ですね!!

本日のブログは、トウゲンキョウの髪に対しての考えのおさらいを書きます。

ここを少し理解していただいたほうが、トウゲンキョウノ味?個性?いや!!売り!!ですね!!

を、よく分かって頂けると思います!基本美容室一つ一つにコンセプトがあると思います!!

このコンセプトがそのお店のウリです!抽象的なコンセプトのお店も多いですが

売りも抽象的???美容室なんてどこも髪を切る、染める、曲げるあるいは伸ばす!

と、するサービスは同じです!じゃぁどこのお店も一緒???な訳が無いのは皆さんが

よくご存じですよね?

トウゲンキョウのコンセプトはわかりやすく言えば、どんな施術も可能な限りダメージを最小限に

とどめる事!ズバリこれです!

髪は死滅細胞といいまして、爪や角質(皮膚の一番表面。垢ですね)と同じで、血液も神経も

通っていない細胞で出来ています。これはどういうことかと言うと、痛むことはあっても

修復されることは一切無い!!と言う事です!!これを意外に感じる方も多いと思いますが

どんなトリートメントをしようが、どんなヘアケア商品を使おうが1%も治りません!!

よくコマーシャルなどで修復成分や栄養などと言うフレーズが流れていますし、

美容室に行っても傷んでいるからやダメージがあるメニューだからといった理由で

トリートメントコースやヘアケア商品をゴリ押し(笑)で勧められるので、なんとなく

トリートメントすれば髪が元気になるって錯覚されてしまうのも仕方がないのかもしれません。

しかし、それは錯覚ですから(笑)どこのメーカーも美容室も根本的に髪の損傷が治るとは

言い切りません(笑)それは治らないからです(笑)誤魔化した言い回ししかしません(笑)

もし、髪がトリートメントで治るなんてほざく美容師がいたら無知以外の何物でもありません(笑)

危ないのですぐに離れましょう(笑)

美容室でするトリートメントは一定期間髪をコーティングしてサラサラ艶艶に見せるだけ(爆)

コーティングが剥げるとそれまでですし、コーティングによる負担で髪は痛みます!

なので、トリートメントの意味合いは、治るではなく、一定期間髪に負担をかけて

嫌いに見せる、お顔でゆうとファンデーション、爪でゆうとマニキュアみたいな立ち位置です!

続く