羽曳野市古市のトウゲンキョウだより

おはようございます!!トウゲンキョウです!!

真夏ですね、、、、暑すぎます。仕事中に首にタオルを巻いてます(笑)

はい!!本日のブログはカラーリングについて思っていることを少し書いてみたいと

思います。みなさんカラーリングはしてますか?

サロンカラーやホームカラーなど昔に比べてされている人は多いと思うんですが。

カラーリングには必ずついて回る問題の一つとして色落ち(褪色)があります。

どんなに綺麗に染まっても、必ずシャンプーや紫外線などで徐々に色落ちします。

現在では、色落ちのしないようにカラーをすることは不可能です。

遅いか早いかの違いはありますが。

基本的にダメージが進めば進むほどカラーの色は基本、早く色落ちしやすいです

例外としては、めちゃめちゃ傷んでる髪に、真っ黒な黒染めなんかは

落ちてほしくても落ちない場合はありますが(笑)

なので、どういった色で染めるかって事もそりゃー、一番大事な部分なんですが

髪色の希望を最優先するか、出来るだけ長く綺麗な髪色をキープするのを最優先にするのか?

で、考えないと後々後悔することになる事もあります。

まづ、髪色最優先の場合、ここでは自分にない髪色(アッシュ系など)の事にしますが

自分の持ってるメラニン色素が邪魔になるので(日本人はオレンジっぽい色素が多いです)

まず、そこを削らないとオレンジが勝手しまい、アッシュにはなりません。

その削るという作業がもろにダメージと比例します。なので色落ちした時には

結構明るく脱色された髪色が出てきます。そのうえ元々のメラニン色素の色が出てくるので

凄く色が落ちたように感じやすいので、その色をキープしようと思えば

こまめに毛先まで繰り返し染めなければキープ出来ません。

当然繰り返し染める事によって、ダメージは進行し、色落ちも早くなってしまいやすくなり

すぐに毛先がキンキンになってしまいます。

でも、希望の色味をキープするにはこうするしか、方法はありません。

概染部に出来るだけ負担のかからない色味だけを入れるような、低アルカリや、ノンアルカリや

酸性カラーなどを上手に使って染めて行く事で負担を少なくしながら綺麗な髪色を

長持ちさすのも、知識とてテクニックは必須になります。