羽曳野市古市のトウゲンキョウだより

こんにちは!!トウゲンキョウです!!

むしますねぇ~、、、暑さ凄くて、来店されるお客様は皆さん汗だくです(笑)

昨日に嫁の髪の毛を、施術しましてダダーと手順を書いたんですが、本日は仕上がりまでと

縮毛矯正をされているお客様のパーマについても書こうかなって思ってますんで、

そこの所よろしく!

はい!まずは写真を!

ブログ画像
この写真は、縮毛矯正の薬を洗い流して乾かしたアイロン前の状態です。

この写真だけでは分かりっこ無いんですが、ストレートにしたい部分と、パーマをあてる部分は

付けた還元剤(パーマ液)のパワーも種類も違いますし、還元度合いも違います!

還元具合と言うのは分かりやすく言えば、火の通りです。しっかり還元させれば

箸ですっと切れる大根。還元が浅いと歯ごたえのある大根!(逆に分かりにくい?)

に、下ごしらえしています。縮毛矯正をされていてその上からパーマをあてたことある方は

分かると思うんですが、矯正毛にパーマって中々現実的にコンディション良くあてれる

美容師さんは少ないと思います(笑)当たってるけど、バシバシ(笑)とか

濡れてる時はパーマがあるけど、乾かすとジリジリとかね(笑)

知識と経験が無ければ無理なんです(笑)え?私?

あてれますけど(笑)でも、リスクを少なく綺麗にあてれる確信が持てたのは最近です。

ええ、25年美容師やってきて、最近です。まあ、コンデションによりますけど(笑)

で、全体にアイロンをして、(パーマあてる部分もします)と、いいますのも

2年前の私の実験台で毛先に激しいダメージが残ってるんです(笑)

繰り返しの矯正、パーマ、ブリーチ、カラーで毛先の髪体力の余力はありません。

なので、パーマをあてる部分の髪の表面をこれである程度整えます。

そっから、パーマのロッドを巻いていくんですが、水に少しの物を添加したもの

簡単に言うと、アルカリ性の水です。まだ、酸化剤は付けてないので

髪の中には還元剤が仕込んだままです。これをアルカリ水で又活性させます。

ブログ画像
還元剤が働く時間を、おいてエアーの機械でかわかします

で、2液の作用(酸化)があるように、カラーを調合し酸化させながら色もいれました

ブログ画像
仕上がりです

矯正にあきたけど、信用してパーマを任せれる美容師を知らないあなた!

トウゲンキョウで圧倒的な差を感じませんか?