羽曳野市古市のトウゲンキョウだより

どーもー、トウゲンキョウです!!

猛暑、猛暑、間違いなくこの夏イチの暑さでしょう!!

夏、本番のスタートですね!!今までの暑さは子供だまし!!

ここからがこの夏の本番ですね、夜も朝も暑い、あれね。

思い出してください、去年の夏、、、一番暑い夜を、、、

あんなのが連続して続くでしょうね。猛暑、熱帯夜、、、最低気温30度、、、

残暑が厳しいとの予報ですので、遅めに始まった夏本番が、9月過ぎまで続き、、、

記録的な、とか、野菜高騰トカ、ニュースでしたりするんでしょうね。

あくまでも妄想ですからね、僕の。

さて、本日のブログのカットについてなんですが、デザインの好き嫌いは置いときますよ

早々に。ご新規で御来店されるお客様って必然的に前回の美容師の仕事を見るわけですよね?

ここまではいいですか?カットが上手な人がいれば下手な人がいる。当然ですね?

決して、自分が誰よりもカットが上手とは思ってませんよ(笑)上手で早い方は沢山いてはりますし

尊敬もします。素直なんでね(笑)下手な人は、免許は持ってますのでプロはプロです?か?

美容師の免許を取得するのに、僕の時代はカットの国家試験はありませんでした(笑)

仕事は基本カットなのに、、、、子供ながらにその国家試験の無意味さを感じていた心は

今も変わりません(笑)国家試験は学科と実技があり、学科は勉強です(笑)

実技は今、カットとセットかパーマ(巻くだけ)やったと思います。後は働いてから

覚えます。どんな優秀な成績を収め美容学校を卒業しても、全く使い物にはならないのが

現実です。そこから柔らか頭で吸収し要領よく根気よく粘り強く頑張った者だけが

美容師に成れます。こう考えると国家試験の意味って何なんでしょうね???

お金は非常に発生しますのがどこにいくのでしょうか???

脱線しました(笑)

働いたお店にカットの上手なパイセンがいればラッキ~!!一生懸命頑張って、かわいがって

もらって、色々教えて貰いましょう。では?そんな先輩がいなければ???

覚える事だけ覚えて、違う店に就職しましょう(笑)

カットって学校に行けば出来るようになるものでもないし、色々な考え方がある中

何を自分のベーシックとするのか?私はブラントカットです。

しっかり切れれば、下手では無くなります(笑)

続くかも?