羽曳野市古市のトウゲンキョウだより

ど~も~TGKです。

今ほとんど書き終わっていたブログがエラーで消えました、、、、

ぐれそうです。盗んだバイクで今夜走り回りたい気分です、、、

長々とお送りしている処理剤について、本題からかけ離れてる部分も多くなってますが

私と言う、一個人美容師としてのコンセプトと申しましょうか、テーマなんです。

美容師と言う仕事のジャッジをされるのは素人さん(爆)

いくら達人美容師が良しとしても、そのゲストさんがNO!!と言えばそれはNO!!なんです(笑)

とくに、ヘアースタイルとゆうのは、「好み」と言う主観が大きく影響します。

理屈はどうあれ、気に入らんかったらそれは外れてるって事なんです。

なので、美容の正解ってのは一つでは無く、美容師10人いれば10人違うのが当然ですし

そうでなくてはいけないし、面白くもない。

お客様をヘアースタイルを通し幸せにする、ってのがゴールであり、その喜びに

持って行くまでの道のりは何パターンも存在します。

100人いて100人に気に入られることはまず無理で(笑)

その為に、色々なタイプの美容室と美容師が存在します。

あなたのベストが正解であり、その正解を提供してくれる美容師さんがあなたにとって

良い美容師さんです。物を販売するような仕事では無く、長い時間施術する訳で、

美容師の人間的な部分の合う合わないも、もちろん大きいです。

特に、私の様な、アフロでタトゥーなアクの強いおっさん美容師は

ファーストで苦手感を持たれる事も、多いだろ~な~なんて感じてます(笑)

どこが、処理剤の話やねん!!って感じですが(笑)

で、同じオーダーでも、10人の美容師がいれば出来上がりは10パターン(笑)

で、その色々あるパターンなんですが、そこは主観の部分なので置いといて

その、1つ1つのデザインを良くも悪くもしてしまうのが、やはり髪のコンディションなる物

が大きく影響します。どんなスタイルも出来るだけダメージささないのが理想です。

ここは、主観の部分では無く全ての美容師の共通の認識なんじゃないのかな~って

思っています。で、処理剤なんです(笑)臭い物に蓋するのではなく、臭い物自体を

出来るだけなくす処理剤。目には見えず効果は絶大だが地味(笑)

そういった根本的な解決を大事に考えています。

続く