羽曳野市古市のトウゲンキョウだより

こんにちは!!トウゲンキョウです!!

今日は良くお客様からの質問の多い、ハーブカラーについて

私一人の角度から解説していきたいと思います!!

当然、私一人の見解なので歪みがあるかもしれませんがー

そういったとらえ方もあるんだな!!って優しい初孫の初めての笑顔を見る気持ちで

お読みください!!

ブログ画像

カニとカニかまぼこの違い位違う物!!はい!!これが答えです!!

カニはカニ!!これは皆さん分かりますよね?

手がチョキになってるあいつね!!

で、カニかまぼこは???

魚のすり身ですね!!

カニと魚のすり身、、、、、全くの別物ですね、、、

どっちが良いとかどっちが悪いって話じゃないですよ!!

別物でしょ?って話です。

魚のすり身に卵白や調味料、カニエキスなどを加えて、出来るだけ

味も香りも、触感もカニに寄せてきてる物、、、、

美味しいですけどね。カニの方が美味しいですけど(笑)

では、ハーブとは???

ハーブは、一般的に料理の香り付けや保存料、薬、香料、防虫などに利用されたり、香りに鎮静・興奮などの作用がある有用植物で、緑の葉を持つ草、茎のやわらかい植物などを指すことが多い。Wikipedia

らしいです(笑)

まあ、植物ですね。人にとって有用な植物全般ですね!!

では?ハーブカラーとは???

wikipediaにも、ありませんでした(笑)

で、色々ググってみたらいいのがあったので参考にします!!

ハーブカラーは大きく分けて、3タイプ!!

1つは、天然植物100%で染める、完全天然タイプ!!

トウゲンキョウであつかってる、ヘナやインディゴ染めなんかはこのタイプ!!

2つ目は、殆ど天然で、少量の染料を使用する、ほぼ天然タイプ!!

トウゲンキョウでは香草カラーがこのタイプになりますかね?

後、ケミカルヘナと呼ばれるヘナもここのカテゴリーですね(笑)

当然、トウゲンキョウでは扱っていません!!

3つ目は、普通のカラー剤に少量のハーブを添加する、エッセンスタイプ!!

トウゲンキョウではこれも取り扱ってません(笑)

1番は当然植物オンリーで染めるので、ハーブカラーで間違いおません!!

2番はどうでしょうか?メリットとしては低刺激で低ダメージ、しかし髪色自体を

明るくするブリーチ力はありませんので、髪を明るくは染めれません。

続く