羽曳野市古市のトウゲンキョウだより

どーも!!トウゲンキョウです!!

関東は雪ですか、、、、エグイ気候変動ですね(笑)

インフルもそろそろ聞くようになりました!!手洗いうがいで感染予防しましょう!!

はい!!昨日は祝日でお休み頂きました!!本当なら3か月ほど前より水面下で

予定と用意をしていたイベントがあったんですが、、、、、

参加できませんでした、、、、、

何のイベントかと申しますと、城崎で毎年行われている、カニ祭り!!

その中で「カニさんありがと~!!」って大声で叫ぶ絶叫大会があったんです。

9月くらいから、デシベルを計れるアプリなどを用意して、子供達と川で練習したり

車の中で叫んでみたりと、本気で優勝を狙っていたのですが、、、、、

前日にもう一度大会の詳細を確認しようとした所、今年より参加要項の変更が、、、、

大会前日か当日に城崎で宿泊をした者しか参加権は無い!!

去年までは無かった要項です、、、、、

祝日1日では、宿泊は無理、、、、

子供達も楽しみにしていたのですが、残念です。

ブログ画像

さて、本日のブログはヘナとパーマの関係性についてのパート2!!

ヘナはパーマをあてると言う立ち位置でからは邪魔者以外の何物では無い。

健康毛ならまだ、問題はクリアーする事も可能なんですが、問題は、、、

ダメージ毛に髪の補強を目的としたヘナの施術の場合です、、、

ヘナをしてから時間がたっていれば、ヘナの影響は受けにくいのですが

ヘナは、髪に長く残ります、、、これがメリットとも取れるんですが

パーマの立ち位置からではデメリットです、、、、

で、ヘナがしっかり残った状態ですと、ヘナを壊さないとパーマはあたりません、、、

当然ヘナを壊すと言う事は、髪の負担にもなります、、、

ヘナをしていないと髪のコンディションに合わせた還元剤であてれるのですが、、、

ヘナをしている事によって、薬品のパワーをあげないといけない、、、、

髪をきれいに見せる為のヘナが、髪を攻める要因にもなるって事です、、、

これって、本末転倒になる要素になりますよね、、、、

確かに、ヘナのダメージを誤魔化し髪を綺麗に見せる力は偉大です、、、

しかし、こういった側面があるのは事実ですし。ここを見て見ない振りはできません。

なんでもヘナで解決しない方が良い場合もあると言う事は理解すべきでしょうね?