羽曳野市古市のトウゲンキョウだより

どうも~!トウゲンキョウです!

雨が降り続けた、お休み。家で家族でダラダラ過ごしました。

土曜日の夜に、久しぶりにドブにはまりました。しかも超きちゃないドブに、、、

暗くて、雨で足元がよく見えず、ずっぽりと片足ダイブしました。

飲食店の排水が流れているドブ、、、油が凄く、サブいぼが出ました(笑)

はい!!本日のブログは体に居てる、常在菌について引き続き書きます。

体内にもたくさんいてる、常在菌。体の外側にも沢山居てます。

当然、頭皮にも、、、、頭皮は体毛が多いため、身体の他の部分よりも

多く生息してるみたいです。私たちの仕事は髪の毛!!

しかし、その髪を生み出しているのは頭皮なんで、頭皮の健康って

綺麗な髪の大きな根本的な条件になるんではないでしょうか??

表皮ブドウ球菌、黄色ブドウ球菌、アクネ桿菌、マラセチア菌、etc、、、

200種以上の菌が頭皮に共存しているみたいです。

まるで、人種の違う人が生活する地球の様な、、、小さな宇宙ですね!

で、その常在菌達が古い角質や皮脂を食べて、リパーゼと言う酵素で分解し

脂肪酸を作り出し、頭皮を弱酸性に保ち保湿をして外的刺激からのバリアー機能になる。

非常に優れていませんか???このバランス!

この常在菌のバランスが崩れると、頭皮に異常をきたしやすくなる、、、

そのバランスを崩すのが、主にシャンプーですね(笑)

常在菌達が住んでいる頭皮を洗剤で洗い、流してしまう、、、、

その後は、誰もいない世紀末の戦争後の荒廃した地球の様な状態に(笑)

それで、減った常在菌達は時間をかけて、元のバランスまで戻そうと殖え出す。

その過程で、バランスが整ってない時に、頭皮のトラブルや匂いが出やすい。

これはシャンプーだけで起こる訳ではないそうで、病気で体の抵抗力が落ちていたり

抗生剤の様な薬を服用されてたり、整髪料が残留してたり

自然の恵み、なんて言われてるヘナなんかでも起こります。

ヘナは殺菌力が高いので、常在菌も殺してしまうようです。

要は、自然の頭皮バランスは崩さない方が、外的要因からの保護力が一番高いちゅー事ですね!

何事もバランスで、いくら良い薬でも用法、用量を間違えば毒にもなるって事です。

ここを言い出すと、今の世の中に不必要な物ばかりになるので

みんな、お口にチャックします(笑)

ブログ画像