羽曳野市古市のトウゲンキョウだより

ど~も!トウゲンキョウです!

寒いっすね!

昨日の出来事なんですが、トウゲンキョウで使っているシャンプー台が

レバーを閉めても、水がチョロチョロと流れる状態が酷くなり

いよいよ修理をしないといけない状態になりまして、メーカーさんに電話で問い合わせてみたんです。

自分の中でも、多分パッキンの劣化によるものであろうと、予測はついていたんですが

症状を修理の担当の方に伝えると、ほぼパッキンの劣化でしょうって答えでした。

で、そのパッキンを交換するにはどうすればいいかを尋ねると、作業自体はそれほど

難しくもなさそうで、特殊な工具も必要ない。

で、パッキンの値段を聞いてびっくり!!な、なんと!!パッキン一個5000円(爆)

小さいゴムの輪っかがですよ!!で、もし交換を出張でお願いすると、料金は15000円!!

聞くと、そのパッキンはその会社がオリジナルの規格で作っている物で、市販のパッキンでは

同じサイズの物は無いと、、、

しかし!!ゴムの小さな輪っかに5000円払えるほど私は裕福ではゴザイマセン(笑)

で、色々他の方法を尋ねると、パッキンを裏返せば水漏れが止まる事もある、と、、、

で、一度自分で分解してみます、もしどうしようも無ければ又連絡しますと、電話を切りました。

で、分解するには水道の元の止水栓を閉めなければいけません。

トウゲンキョウの入っている建物は、テナントビルでビルの両サイドに6個程の

止水栓があり、どれがうちの止水栓かわかりません(笑)

しかたがないので、1つずつ閉めて確認!5個はずれました(笑)

しかし、残りの一個には、止水栓の回す取っ手がありません(笑)

水道局に電話をかけて、来てもらう羽目に、、、

どこまで、大事になるんでしょうか?(笑)

何とか、止水栓が締めれて分解です!

問題のパッキンを見ると、近いサイズでも代用が出来そうな雰囲気。

そこから、コーナンに行き、よく似たパッキンをゲット!

一個約70円(笑)

ブログ画像

物の値段て、、、一体何なんでしょうか???

少々サイズは違う物の、交換すると水漏れは治りました!!

既成のパッキンを使わずに、オリジナルのパッキンを使ってる理由ってあるのでしょうか?

知らずに頼めば15000円かかるのが、70円で済みました(笑)