羽曳野市古市のトウゲンキョウだより

マイド!!トウゲンキョウです!!

昨日から書いてる美容師の事を考えてみた事の続きをば、、、

snsなどを使用する事で日本全国、北は北海道から南は沖縄まで

sns上とはいえ、色々な美容師さんと交流を持たせて頂くようになりました。

技術や知識の事などをメインに情報を頂いたりしておるんですが

その中で、やはり経営についての色々な意見も見る事が出来ます。

時代とはいえ、今の美容業界は青色吐息、、、

非常に厳しい時代となっております。

話しは変わりますが、私仕事中の水分補給にコカ・コーラのZEROを飲んでいるんですが

近くのスーパーで買うより、少し行ったスーパーで買う方がいくらか安いので

いつもそこでまとめて買うようにしています(笑)

コカ・コーラZEROはどこで買っても同じ物、、、、それなら安いに越した事はありません。

では、ヘアーカットは???同じカットと言う商品ですが、店によって

いやいや、担当する美容師によって同じオーダーでも仕上がりは変わります。

当然ですよね???

で、カットが1000円なら安くて5000円なら高い、、、って認識に正直???

って思います。実際に施術を受けその結果1000円でも高く感じる事も当然あるでしょうし

5000円でも安く感じる場合もある事はあるでしょう。

そう、同じカットって名前の商品でも物ではなくサービスなので感じる価値は

人それぞれ変わると思います。

美容師の間でも、やれ高単価だとか言う言葉が溢れています。

それについては非常に同感出来るのですが、しかし、、、

最終的に物の値段を決めるのは消費者です。(笑)

まあ、全国的にみてもデフレの傾向が出てからかなりの時が経ちますので

美容業界もその流れで今の平均的価格になってる部分だと思います。

そうして、価格が安く成れば沢山の方の施術をしないと生き残れない訳で、、、

無理に予約を詰め込んでしまうって事も必然的に出てくることになります。

全体で見れば至極当たり前の現象なんですが、個人で考えると

満足感は低下してしまいやすいですね、、、

かといえ、うちの様なマンツーマンサロンでは普通のお店の半分、イヤ下手すると

半分以下のお客様しか、担当出来ません、、、

だからといって倍の料金は請求できませんよね?(笑)

なかなか難しいジレンマですね!!

続く

ブログ画像