羽曳野市古市のトウゲンキョウだより

どうも~!!トウゲンキョウです!

本日は縮毛矯正をあてている方のスタイルチェンジの事を書きます。

美容の仕事の上で、多分1,2を争う難しい技術、それが矯正毛にパーマをあてる事でしょう。

一度矯正をあててる髪は、当てていない髪と全く違う反応をします。

デジタルパーマで対応する美容室が多いと思うのですが、トウゲンキョウは

エアーウエーブで勝負します!!まあ、デジを導入していないんですけど(笑)

来年あたりに導入を検討しています。まあ勉強の方は2年程しているんですが(笑)

どんだけ慎重やねん(笑)

縮毛矯正やデジタルパーマなど、熱を使うパーマ系の施術をした髪の形状を変えようと

すれば、基本熱を使用した施術でしか上手く行かない事が多いです。

普通のパーマでもまれに綺麗に当たる事はあるんですが、打率はかなり低く

その低い打率にかける意味は、リスクしかおまへん(笑)

無謀なチャレンジはやめましょう(笑)

縮毛矯正の場合、トウゲンキョウでは毛先を自然と内に入るよーに施術するんですが

例えば、ロングをバッサリボブなんかにカットすると、中間部分の真っ直ぐな部分が

毛先に来ます。そう!!そのままでは金タローですね(笑)

なので、縮毛矯正を施術している方がスタイルを変えるとなると、パーマが必要になります!

無くてもスタイルは変えれますが、基本可愛くないし、スタイリングもメッサしにくいです!

このエアーウエーブの時にもトウゲンキョウでは縮毛矯正のレジェンド!!名古屋のハマケンさん

のレシピの薬剤を使用します!!ほんま、このハマケンさんは神です!!

で、エアーウエーブの使用方法も従来とは違うトウゲンキョウのオリジナルの

使用方法です!!途中にアイロンなど、スチームを使用し、より良い質感を目指します!!

普通のパーマよりは多少のお時間と料金は頂戴しますが(笑)

仕上がりが可愛くないと話になりませんからね!!(笑)

今回のゲストさんは、肩の長さのボブにカットしまして、切りっぱなしの真っ直ぐな切り口が

可愛くないので、毛先のみに内巻きになるような、パーマスタイルと言うよりも

スタイリングしやすい為のパーマです!!当然あてる位置を上からにすれば

パーマスタイルも作れますよ!!

皆さんも、ストレートに飽きて切りたくなったらチャレンジしてみましょう!!

ブログ画像
ブログ画像
ブログ画像