羽曳野市古市のトウゲンキョウだより

どうも!トウゲンキョウです!

本日、日中にずーっと雪がちらついていました。寒さも底ですね!

ブログ画像

明日はうちの末っ子が、葛城山に雪山登山へと早朝から挑むようで、泣かずに頑張ってほしい

ものです。

はい、ず~っとダラダラ書いてる、年齢を重ねた方の髪のお悩みの解決シリーズなんですが

美容室で行える、施術メニューを出来るだけ取り入れて解決するには、トータルダメージの

計算が必須になると言う事。

簡単に言うと、ある程度やりたいことが制限される事があり得るって話です。

前に少し書きましたが、白髪染めを定期的にされている方!!

ベリーショートで刈りあげてる!!って方なんかはダメージが蓄積される前に

カットできるんですが、ミディアム以上の長さのスタイルでは、髪のコンディションが

スタイル自体のクオリティーを大きく左右しますし、見た目年齢も大きく変わると思います。

そんだけ、歳を重ねるほど髪のコンディションが見た目の若さに影響するって話です。

で、トータルダメージを減らすポイントとしまして、白髪染めの施術が大きなウエイトを

占めると思います。基本新しく伸びてきた部分のみを染めるリタッチという技法が有効です。

これは流石に自分では出来ません。地味ではあるが美容師の技術が無いと出来ません。

基本リタッチで染め続けると、髪に対する毛染めの薬のダメージは染め一回分!!

これが、行き当たりばったりの施術で、やれ明るくだ、やれ暗くだ、アッシュだレッドだ

と、その時の気分と美容師のノリでコロコロ変えると、そのたびに毛先までの染めに

なってしまいます。毛染めは当然染める回数が少ないほどダメージも少ないです。

なので明るさを決めて、ナチュラルブラウンかウォームブラウン位のナチュラル系で

リタッチで行く方が髪は綺麗に保ちやすいです。

これもその人の髪の質でダメージレベルも変わってくるんですが、年齢を重ねた髪は

若い時よりも傷みやすいのが事実、、、、

色落ちしても不自然になりにくい、ナチュラル系が良いですね。

ここが一つ、やりたいことを少し我慢して、美髪を目指す大きなポイントになると思います。

当然、色の明るさを求めない方が更にダメージを抑えた染めになりますし、

ヘナで植物染めならダメージは0!!

このあたりのご相談、アドバイスはお任せ下さい!