羽曳野市古市のトウゲンキョウだより

ハイ!どうも!真実の美容室トウゲンキョウです!

風が強く吹いている本日、店の前のコロガシの看板がしょっちゅひっくり返ってます。

本日は三男の授業参観がありまして、5分ほどですが顔を出すことが出来ました。

私の顔を見つけた瞬間の三男の「お前か、、、」って感じのがっかり感、しかと見ました(笑)

嫁には「絶対来てくれ」と懇願する三男、私はどうやら来ない方が良いみたい、、、

はい!!本日は久しぶりにエアーウェーブの記事でも書きますね!

トウゲンキョウのホット系と呼ばれるパーマはエアーウェーブであります!

ご存知の方もいてると思いますが、もう一度エアーウェーブについてちょいっと説明を。

髪の形を、ウェーブやカールに形状を変えるメニューのパーマ。

そのパーマの中でも、パーマ液だけであてるコールドパーマと呼ばれる物と

デジタルパーマやエアーウエーブの様に熱や、水分調整の物理の力も使ってあてる

ホット系パーマの大きく分けて2つのパーマのあて方があります。

では、何が違うのか?について書きます。

通常のコールドパーマは濡れているときに(シャンプー後など)一番パーマが出ます。

で、乾かしていくとパーマは伸びていきます。かたやホット系のパーマは

濡れている時よりも乾かした方がパーマがしっかりと出ます。ここが一番の違いです。

なので、アイロンやカーラーで巻いたようなスタイルを求めている時なんかは

ホット系のパーマの方が再現性は高くなります。

逆にブロースタイルなんかはコールドパーマの方が良く伸びるので向いています。

どっちが良いというものでは無く、求める質感で使い分けるのが正解です!

あともう一つの違いが、ホット系パーマは物理の力も使用してあてるので

ダメージが少ないです。コールドが10の力の薬剤を使うとすれば

ホット系では大体4位の力であてます。これがダメージの軽減につながります。

こちらは本日のゲスト様のビフォーです。

ブログ画像
前回のエアーウェーブから10カ月。途中にカットもしているので、ボリュームが下に落ちてきています。

今回は、トップの方からあてました!こちらです!

ブログ画像
スタイリング剤は一切使用していません。乾かしただけですし、パーマ時も

余計な処理剤や無駄なトリートメントなんかはしていません。

要は技術力です!!