羽曳野市古市のトウゲンキョウだより

皆さま!どうも!トウゲンキョウでっす!

最近は腰の調子が余り良くないので、ジムでの運動を軽めにしています。

丁度4月からスタジオプログラムも一新され、参加したことのないプログラムにも

参加できるようになっています。通い始め張り切っていた当初は、ボディパンプなどの

ハードなプログラムに積極的に参加していましたが、昨日初めてティラピス?の一時間に

参加しました。先週にも45分のティラピスに参加をし、今の状態にマッチしそうなので

1時間のプログラムの参加です。ティラピスって一体なんだろ~な~って思ってはいたんですが

ヨガなどの動きを取り入れたエクササイズ。ピンと来なかったのですが参加して理解できましたね。

体のバランスを整え、インナーマッスルを鍛えるプログラム。少し瞑想っぽい意識で

使っている部位を感じながらゆっくりと鍛える運動。昨日の一時間で調子の悪かった部位が

マシになったのにはビックリです。これからもティラピストとして生きていきます!

はい!本日のブログはすきばさみの恐ろしさについてです。

皆さん、素人さんが良くオーダー時に唱えるワード!「すいてください!」

これには危険な落とし穴が潜んでいます。ブラントカットと言ういわゆるハサミで直線に

カットした場合、当然髪の毛の切り口はそろっています。しかしすきばさみでカットした部分には

すきばさみを入れた部分から毛先にかけて切り口がバラバラに存在します。

特に、普通のはさみに比べてすきばさみって切り口を潰しやすいんです。

切れる状態のすきばさみならまだしも、特に切れ味が落ちやすいすきばさみ。

研ぎやメンテナンスがしっかりされていない、スキばさみなどで切ってしまうと。

毛先の切り口がまるで切れ毛の様にブチット千切れた形状になりやすいです。

そうなると、そのつぶれた部分の切り口だけ薬剤の反応が強く出てしまい

とても手触りが悪くなったり、パサついたりします。

ブラントカットで綺麗な切り口だと、たとえ3mmカットしただけでも

ダメージを感じる部分を無くしたりできますが、スキばさみの不揃いの毛先だけの

つぶれた部分のみなんて物理的にカット出来ませんよね?

そのすきばさみが毛先から10cmの部分から入っているとすると、その部分を無くすのに

10カ月はかかってしまいます。怖いんですよ

ブログ画像