羽曳野市古市のトウゲンキョウだより

皆さま!!こんにちは!!トウゲンキョウです!!

昨日の夜にジムへと向かいました。私はナイト会員のためジムの使用は

午後8時半から11時まで、、、

で、昨日は参加したいプログラムが8時35分開始。

当然ナイト会員である私は、8時半までチェックイン出来ません。

5分ほど前にジムの駐車場につき、8時半になると急いでチェックイン!!

チェックインしてから、着替えてスタジオに行くまでが5分!!大急ぎです!!

昨日も大急ぎでスタジオへ行ったのですが、スタジオの前には定員になりましたの紙が!!

そう!!定員オーバーで参加できず!!仕方がないのでそのまま風呂に入って帰ってきました!!

はい!!本日のブログは怖いホームカラーについてです。

沢山の方が使用しているホームカラー、、、

はっきり言うと美容師からしたら、とんでもなくやめて頂きたい行為のナンバー1ですね!!

素人さんとの共同作業になりますからね?(笑)強制的に(笑)

当然、仕事上ではホームカラー履歴があるお客様には、そのホームカラーでのダメージや

残留色素を想定して施術内容を組み立てます。しかし素人さんはそんなのお構いなし(笑)

たしかに、美容室に行く時間は無いし、白髪は気になるって気持ちは理解できますが、、、(笑)

しかし、ゆーても素人!!ほとんどがムラになるか、髪のダメージを進行さすのが関の山(爆)

で、当然今の世の中それ位は、想定済みなんですが、中には使うとどうしようも無くなって

しまう毛染めがあります。その毛染めは内容成分に、硝酸銀とか硫酸銀とかが

含まれた商品。セールスコピーは光で染まる!!です。

この、光で染まる硝酸銀ヘアカラーは一度使うと、次に普通のヘアカラーをした時に、

ヘアーカラー材の中のアンモニアと硝酸銀が科学反応を起こし、メタリックなグリーンに

発色します。しかもカットして染めた髪が無くなるまで落ちません、、、

硝酸銀は髪の内部に強固にくっつく様です。


硝酸銀とは?

無色の結晶性固体で、不純物、特に有機物を含む場合、太陽光の下で有機物に触れると還元され、黒色を呈する。
硝酸銀(I)は液体アンモニア(液安)またはアンモニア水と反応して徐々に雷銀(Ag3N と AgNH2 の混合物)と呼ばれる黒色の結晶を生成することがある

因みに、硝酸銀は毒性が非常に強く劇物指定です(汗)

ブログ画像