羽曳野市古市のトウゲンキョウだより

皆さま!!いかがお過ごしですか!!笑っていいとも!!の時間です!!

昨日の晩にジムに行き、久しぶりにバイクを30分漕ぎました。久しぶりに汗をかき代謝が

上がった様な気がします。本当はティラピスってゆーやつをしよーと思てたんですが

先週の同じプログラムが満員で参加できず、何もせずに帰ってきたこともあり

もし、定員で一杯なら、久しぶりにしんどいバイクを漕ぐ!!と心に決めていたんです。

で、やはりそのティラピスのプログラムは大人気で、見るともうスタジオはパンパン!!

仕方ないのでバイク漕いで帰ってきました。しかし、4月に入り、それまで「このジムガラガラやな~」って

思っていたのが嘘のように、人パンパンっす!!やはり暖かくなってくるのと、4月という新年度の

何かをやろう!!感で、入会者数がグ~ンっと増えたっぽいす。

はい!!本日のブログは、トウゲンキョウの縮毛矯正の説明!!アイロン編!!になります。

縮毛矯正では、なくてはならない道具!!それがアイロンになります!!

アイロン、その中でもストレートアイロンなんですが、一言でストレートアイロンっちゅーても

星の数ほどありまっせ!!聞いたことのない他国メーカーの数千円のものから

三万円ほどする、プロフェッショナル用まで、色々です。

トウゲンキョウではルベルのフォルムアーツのアイロンをメインで使っています。

かなり前のアイロンで、今は製造どころか、修理も出来ない代物です。

しかし、このアイロンは優れもので初めて名古屋のハマケンさんに

矯正を教えて貰いに行ったときにも「このアイロンが一番いい」とコメントして頂きました。

もう、今のが潰れると違うアイロンに変えざるを得なくなるので、大事に使っています。

一度、調子が悪くなった時にメーカーに問い合わせましたが、修理は無理と、、、

色々探し、最終的にはおもちゃの修理する方にお願いして治して貰いました(笑)

基本、トウゲンキョウでは2本のアイロンを使い分け、矯正する事が多いです。

高い温度のアイロンと、温度の低いガーゼを巻いたアイロンです。

これは、根元と毛先のコンディションの違いやデザインするカールの強さによって

持ち替えながらアイロンします。アイロン技法は勿論「アル中アイロン」です!!

ハマケンさんの技法!!アル中アイロンです!!

ブログ画像