羽曳野市古市のトウゲンキョウだより

暑い中元気にしていますか~?トウゲンキョウです!

本日のブログは、前に書いたホームカラーと縮毛矯正のとても大事な関係の続きです。

カラーにしてもパーマにしても、縮毛矯正も、シャンプーもドライヤーもアイロンも、、、

書き出したらキリが無いのですが、全て髪の毛に対して行う行為です。

当然ですが、、、全てが髪に影響を与える事はなんとなく理解出来ますよね?

全てにおいて、髪に少なからずダメージを与えるものばっかり、、、

生活していれば必ず髪は劣化していきます、、、そうしながら髪は身体を守ります。

車で言えばバンパーみたいな物?(笑)

美容室で行うメニューにおいて、髪のダメージ度合いを考える事は必須です。

ここを考えないと、髪はあるラインを越えて崩壊します。

崩壊一歩手前で、次に何かした時に崩壊する状況も多々ある状況だと思います。

ババ抜き?みたいなものです(笑)

一見、ダメージはそんなになくても、一手加えると崩壊なんて、ほんまザラにあります(笑)

特に今の時期に多い、髪の癖を矯正する、縮毛矯正と言うメニューは

美容室で行う施術の中で、ブリーチと1,2を争う負担の大きなメニュー、、、

当然その分髪のコンデションにより仕上がりが大きく変わります。

で、前にも書いたんですが、そのダメージにムラがあると非常に厄介です。

特に、素人さんがお家で行うホームカラー!これがその大きな原因になります。

ダメージムラを作っておいて、美容室で綺麗にしてもらおう!ってのが

ちょっと虫が良すぎます(笑)しないって怒ってる訳では無く、物理的に不可能!って事です。

プロだって、いや!プロだからこそ、出来る事、出来ないことをハッキリと見極めないと

いけません!で、そういった方にアドバイスをするとすれば、一発でどうにかしようと言う

賭けには出ない方が賢明です。ダメージムラのダメージの酷い所に合わせた施術が

一番安全です。当然、ダメージの少ない所には効果は弱くしか出ません。癖が伸びてないなどね!

それで、効果の弱かったところが明確に残るので次にそこを攻めるってのが、一番安全な

気がします。髪は限界超えると終わりですし、そうなるとどうしようも無くなります。

安全第一で考える方が無難です。たかが髪の毛やからいーねん!って方は

言ってくれれば攻めもしますよ!(笑)

ブログ画像