羽曳野市古市のトウゲンキョウだより

【ニューヨーク時事】「10分1000円」をうたい文句に急成長したヘアカット専門店「QBハウス」の米1号店が

15日、ニューヨーク中心部にオープンした。

料金はチップ抜きで20ドル(約2200円)と日本の倍以上だが、現地では低価格帯に入る。忙しいビジネス

マンらの需要を取り込み、5年後の全米30店体制を目指す。



はーい!!どーも!!トウゲンキョウです!!

上の記事はヤフーニュースから拝借したものです!!

もうだいぶ前から知名度はありますよね???1000円カット!!

駅や商業施設に入ってるのを見かけた方も多いんでは無いでしょうか???

私は入ったことが無いので、見た事はありませんが、、、(今度行ってみましょかね???)

10分でカットして1000円!!とても分かりやすいですねぇ~!!

シャンプーも顔そりも無く、カットして掃除機みたいなもので切った髪の毛を吸って終わり???的な

感じでしょうか???その事業形態で躍進するQBハウス!!NYに進出ですって!!

価格は日本の倍以上の2200円!!、、、それでもNYでは低価格帯に入る、、、

日本とニューヨークの物価の差って、倍以上ありましたっけ???(汗)

世界中にそれぞれの国に、必ず髪の毛を切る仕事ってあるはずですよね???

人種や宗教、文化が違えど、人類皆けー生えてます。

そして、それぞれの文化圏で美容師などの髪のお手入れをする仕事の価値観は

雲泥の差があると思います。その中で日本は???どうなんでしょうか???って話です。

少なくとも、下積み時代の練習量などは日本はダントツに高いと思われます。

1体、数千円するウイッグと呼ばれる頭のお人形を何体も切ったりします。

それがいいかどうかは置いといて。技術の習得に努力してます。大体の日本の美容師たちは。

これからの時代はどうなるかは分かりませんが、、、

そういった努力が社会的価値として反映されるなら、努力をする人もいるでしょうが、、、

それが、反映されないと、、、あなたならします???(笑)

それだけが頑張る原動力では無いと思いますが、確実にその道を志す、有能な人材は

激減しますよね???バカバカしく思われても当然ですもんね???

今の時代、日本の美容界はそっちの流れにノリノリです(笑)

せめて、やりがいと楽しさは、なくしたらあきません!!