羽曳野市古市のトウゲンキョウだより

おいっす~!!トウゲンキョウです!!

本日も台風一過の天気とは言えずに梅雨の空、、、

台風は昨日の日中にかなり近くを通過したようですが???よく分りませんでした!!

島根の方で観測史上初規模の大雨だそうで、被害が無くやんでくれれば良いですね!

はい!!昨日は書けなかった香草カラーについて(笑)

まあ、香草カラーは商品名なので、別に香草って物がどうのこうのって物じゃ無いと思います!!

刺激とダメージの元になる活性酸素の発生を抑えながら?染める方法です。

メーカーに問い合わせても中々詳しい部分までは教えてくれませんので(笑)

勝手に(笑)妄想で書いてるんで、突っ込まない様に!!

この香草カラーの1剤は粉末です。そう!!粉のカラー剤!!

2液はオキシでは無く水。

普通のアルカリカラーはクリーム状の1剤とオキシの2剤で染める。

香草カラーは1剤のアルカリ量を減らし?(アルカリ剤は入って無いと聞いたこともあるが???)

と、言っても2剤が過酸化水素水であるオキシを使わないので、仮にアルカリが多く入っていても

化学反応はそんなに起こらないでしょう!!

で、水の弱い酸化力で酸化染料を発色させ染める。

この染料は出来るだけ植物由来の染料を使用していますが、当然それだけでは限界があり

化学染料である、ジアミン染料を補助の染料で使用しています。

化学染料の使用は出来るだけ抑えて製造されているカラーですが、ジアミン染料を使用してるので

ジアミンアレルギーのある方は、普通のカラーの様にアレルギーは発症するのでご注意を!!

簡単に言えば、元の髪の色を明るくせずに染める毛染め。

主に白髪染めや、ダメージやカラー後の退色で明るくなった毛先を染めるのに使用します。

メリットはダメージが少ないって事。メーカーの方曰く平均的なアルカリカラーの7分の1の

ダメージだそうです。後は凄く綺麗なツヤが出ます。これは香草カラーに含まれる

ツヤが出る成分の効果ですが、アルカリカラーよりツヤは出ますね。

当然、髪色を明るくする力は無いので、明るくは染めれません。

明るく染めれるシリーズもあるんですが、そうなると普通のアルカリカラーでよくね???て

なります(笑)

髪の明るさを求めない方や、明るさを我慢してでもダメージを少なく白髪を染めたい方に

おススメです

ブログ画像