羽曳野市古市のトウゲンキョウだより

ブログ画像いつ終わるのか???白髪染め。

エンドレスに続く、白髪染めの話。その気になったら一晩中でも話せますけどね(笑)

はい!今日でヘナの話も完結にします。

2度染めでは無く、最初からヘナとインディゴを混ぜて染めたらえーんちゃうん???って思った

そこのあなた!!!

はい!そんなあなたは自分勝手です。そんな自分勝手を反省しましょう!(笑)

確かに、ヘナとインディゴを混ぜて一度で染める方法もあります。しかし、しかしですよ!

混ぜるとね、染まる力を殺しあっちゃうんです。ヘナ君とインディゴちゃん、、、

そりゃーね、ヘナとかインディゴの立場になって考えたらですよ!

刈り取られ、乾かされ、粉末までバラバラにされ、知らん奴と混ぜられる、、、

それも植物でない、人間のそれも

白髪を染めるため、、、

ヘナになって考えたら、腹立って来ますからね!

混ぜたら混ざるなんて、人間の勝手にしか過ぎません。ケミカル物は

その勝手を実現する為に作られたもの。だから便利です。

しかし、自然の物はそうはいきません。ここを理解出来ないと、ヘナとは付き合えません!

ヘナとインディゴを混ぜたやつの一回染めの最初なんて、殆ど染まりません。

0では無いですよ!薄っすらと白髪をぼかす感じです。これも一か月弱のサイクルで

染めていくと、どんどん濃く染まって行くので、この一回染めを続けられてる

お客さまもトウゲンキョウにはいらっしゃいます。

しかし、そんなに白髪が多くない方が向いています。

でも、普通の白髪染め位のレベルの染めの濃さが良い白髪の多い方はやはり基本2度染めです。

まず、ヘナだけで一度目の染め。これでまずオレンジに白髪を染めます。

次にインディゴとヘナのミックス(この割合で色味を決めます)で、2度目の染め。

これが基本形。そう、時間は掛かります(笑)

しかし、自然の物ってそういう事。時間がかかるのは嫌!!って、そこのあなた!!

その為に、人間の英知の結晶!!ケミカルがあるんです(笑)

なので、どこに価値観を見出すかは、あなた次第って事。

私は美容師として中立の立場です。ヘナの味方でも無いですし、カラーも同じです。

お客様の価値観にあった物の中のベストを提案できる。それだけです。

ただ、嫌でも弱ってくる髪を見て、負担は掛けたく無く感じますが(笑)