羽曳野市古市のトウゲンキョウだより

みなさま!!こんにちは!!トウゲンキョウです!!

昨日は大暑???でしたっけ???一年で一番暑い日!!!

確かに暑い、、、本日は一瞬朝に雨が降り、すぐに止んでからお日様、、、

地獄の様相を呈しております(笑)

はい!!続いているシャンプーの話。

現代ではドラッグストアに行っても沢山のシャンプーが棚に所狭しと並んでいます。

で、現代女性は大なり小なり、髪のダメージがある方が多いです。

カミノダメージする原因で、最も多いのがやはりカラーリングでは無いでしょうか???

当然パーマや縮毛矯正でも髪は痛みますが、全体的に見るとやはり、カラーリングを

されている方の割合の方が多いように思います。

大きなダメージのきっかけになる、、、、カラーやパーマ、、、

どっちも美容室のメニューですね(笑)

やりたてはとても綺麗でも、時間と共に現れるダメージ、、、

髪は、一度痛みだすと普段のどうってことない生活でも痛みを進行させます。

なので、ドラッグストアではそういったダメージヘアー用のシャンプーやトリートメントが

たくさん並んでいます。何度もこのブログで書きましたが、一度痛んだ髪は、

何をしても今の科学では1mmも、1%も治る事はありません。

そういった真実があるのに、ダメージ修復をうたうヘアケアー商品は後を絶ちません。

メーカーはダメージした髪が1mmも治らないことは百も承知です(笑)

売るためには消費者をウマーーーーーい事信じさせます(笑)

で、さも、治るかのような表現をしていますが、良く説明を見ると

治るとはどこにも書いていません(笑)

治る様に思わすだけ(笑)信じたほうが悪いのか、信じさせて売る方が悪いのかは置いといて(笑)

そういったダメージ修復をうたう商品には、修復成分と偽る、質感向上剤が添加されています。

分かりやすく言うと、お化粧のファンデーションやコンシーラみたいな物です。

そう、カバーリングですね???お顔のファンデーションでは当然塗れば、肌が綺麗に

見えますが、それをお肌が修復されるとはうたいません、、、

仕組みとしては、同じなのにおかしいですね???

百歩譲って、基礎化粧品などで肌を綺麗に育てる。それは理解出来ます。

肌は生きていてターンオーバーしますから、、、

しかし、髪は死滅細胞です。根本的に違います。

続く

ブログ画像