羽曳野市古市のトウゲンキョウだより

こんにちは~!!トウゲンキョウです!!

秋晴れの本日、如何お過ごしですか???

はい!!昨日から書いてるヘナを使ったデザインについてなんですが、

基本ヘナは髪のケラチンタンパクと髪の中でくっつきます。その成分がオレンジ色。

なので、白髪はオレンジブラウンに、黒髪はいくらヘナのオレンジ色が入っても

元々のメラニン色素の褐色の方が色が強いので、光に当たったらうっすらとオレンジを

感じる位、、、丁度ヘアーマニキュアみたいな染まり方です。

白髪が頭全体に、万遍無く生えていれば、黒白のコントラストから、黒オレンジの

コントラストになるので、白髪と黒髪が馴染みます。

しかし、昨日例であげたゲスト様の様に、白髪が固まって生えていると、メッシュの様に

見えてしまいます。デザインとしてOKなら、その生まれ持ったデザインを楽しむのも

良いのですが、全体的に見てバランスが悪ければ、その元々のデザインを

活かすように全体に手を入れます。

今回のゲスト様は、後ろに白髪が殆どなく、顔周りの身に固まっているので

後ろが重たく見えます。

で、手を入れ、デザインしていくのですが、ここはヘナやインディゴでは、出来ません。

髪の明るさを変えるためには、科学役薬品の力が必要です。

そう!!脱色ですね!!

このゲスト様は、毎回5枚のホイルを使用します。5枚で+1000円です!!

もっと、枚数を使用して、一気にがっつりハイライトを入れる事も出来るんですが、、、

毎回、伸びて、ハイライトの効果が無くなった所に入れていきます。

育てるって感じです!!

で、今回は以前に入れていてカットでして、ハイライトが無くなってきている

、バックのアンダー部(後ろの下ね!!)に、5枚ホイルをオン!!

ブログ画像
今回は、アンダーに5枚ハイライトを入れてから、ヘナ4、インディゴ6の

ハーバルブラウンと言われる調合で全体に染めました!!

で、仕上がりがこんな感じ!!

ブログ画像
前に入れた生きてる、ハイライトの効果もありサイドの白髪のかたまりの部分と

後ろの黒い部分が自然に繋がっています!!

こういった、方法でヘナ染めでもデザインする事は可能ですので、お気軽にお問合せ下さい!!