羽曳野市古市のトウゲンキョウだより

タケダーネズミランド最終章!!残り2体のハムスター!!

何故???まとめて2匹なのかと言いますと

飼い主とハムスターのつながりが、この二人は次男末っ子に比べ薄いからです(笑)

お世話はきちんとしています。しかし、お世話以外のふれあいの時間が短い二人、、、

いえ、決してふれあいが少ないのがハムスターにとって不幸なのかは分かりません、、、

実際100%の愛をほり込まれているいる、末っ子のチャッピー、、、大変そうです(笑)

ずーーーっと手の中で抱っこされるのも大変だとみていて思うからです(笑)

さて、三男のハムスターのキン。唯一のゴールデン(シリアン)ハムスターです。

大きい方のハムスターですね!!このハムスターが最長老です。

2年ほど前に里親で我が家にやって来ました。

三男は2年生になって自分もハムスターを飼えるという事に胸を膨らませ

期待に燃えていました。しかし手に入れてからはお世話はするものの

ゲージから出して遊んだりは殆どしていません、、、

付き合ったら態度が急変する、糞の様な男です(笑)

釣った魚にはエサやらない系の彼(笑)

ゴールデンハムスターにも種類が色々あり、毛が長いタイプやカラーが特殊なタイプ

今の時代は沢山いてます。

その中でキンクマというタイプが居ます。全身金色の様な毛色。

彼はそのタイプのハムスターを望み、たまたま里親で出会いました。

なので、キンクマのキンちゃんです!!凄く大人しくて可愛いんですよ!!

で、長男の2代目モフ!!

これが一番の新顔の、小さなジャンガリアンハムスター!!

他の三人、皆が飼い始め感化され(笑)飼い始めました。

このモフは2代目。初代モフは家で初めて飼ったハムスター。

ハムスターの寿命は激短で2~3年。とても短いです、、、

初代は皆で天国へ送りました。長男は大きな涙の粒をポタポタ流し泣きました。

その長男を見て胸が熱くなったのを今でも覚えています。

その時に悲しい思いをしたので、もうハムスターは飼わないといっていましたが、

そのトラウマも時間が癒してくれたようです。

2代目のモフは1代目のモフの性格を受け継ぎ、最初は凶暴で血が出る程噛まれた長男。

「なんで、俺の飼うハムスターは、、、」と少々ショックを受け、されるがままの

大人しい末っ子チャッピーを見る長男です(笑)

ブログ画像