羽曳野市古市のトウゲンキョウだより

皆さま!こんちは!トウゲンキョウです!

トウゲンキョウはご存じの通り、美容室ですます!カットを基本に、毛染め、パーマ等々行う

ごくごく普通の町のパーマ屋さん、、、

巷に沢山溢れている、美容室と売りにしている

メニューは基本的に同じ、、、

では、どこの美容室に行っても、同じオーダーを

すれば、同じに仕上がるか???

そんな事はあり得ないのは、皆様が

良くご存知だと思います。笑笑

色であったり形であったり、いわば抽象的に

なりがちなイメージオーダー、、、

その想いを相手に100%伝えるって中々出来る事ではありません。

受けて側である美容師がいかに汲み取るか、、、

そして、汲み取った想いを結果として出せる

知識、技術があるか?

美容師の仕事はそこに大きな価値があると考えています。

技術の向上、知識を深める為の勉強。これは、美容を生業とする者の義務であり

お客様に対するお約束だと考えています。

それが出来ない、やらないなら美容と言う仕事はするべきではないと思います。

なので、トウゲンキョウは今あるメニューの

向上に日夜研究努力を重ねます。

とりわけ髪に大きな負担のかかるメニューは

尚更のこと。

そういうメニューの一つに縮毛矯正があります。

失敗すれば、取り返しのつかないジリジリの髪に

なってしまいます。そうなれば一貫の終わり(涙)

そういった悲しい結果になった方、星の数ほど

見ました。やった美容師は忘れるかもしれませんが

やられた方は、そのジリジリの髪を

顔の上の頭に、24時間、365日ぶら下げて

2年も3年も生きていけなけばなりません。

想像するだけで、凄いストレスですね、、、そういった悲しい想いを、お客様にさせない為

には、技術、知識の向上しかありません。いくら新しい薬剤を使おうが、使い手がの

力量が足らなければ意味がありません。よく、美容室の前にカラーやパーマ等々の

こんな新しい薬剤をウチは使ってます!みたいなたれ幕なんか、見ますが

見るたびに頭に???が浮かびます。なぜ、やりて側の技術では無いのだろうか?

そんな薬剤はどこでも仕入れて使うことができます。

物はあくまでも物。使い方で薬にも毒にもなります、、、

新商品を押す前に、あたらしく進化した美容師としての人間を売りたい物です。