羽曳野市古市のトウゲンキョウ便り

ブログ画像ども。トウゲンキョウです!

シリーズ!白髪染めの話!

昨日はまさかのブリーチの話で終わるという、展開の読めないハラハラドキドキのスペクタクル!

はい!話戻しましょうか!

アルカリカラーの仕組みの続き、アルカリ剤と過酸化水素で活性酸素を発生させて

髪のメラニンを破壊して髪の明るさを変える働きが一つ!

で、もう一つが色です。そう!染料です!

毛染めでは主にジアミン染料をもちいています!発色も安定していて色のもちも良い

優れた染料。ジアミン。これが表の顔。メリットです。

裏の顔は、アレルギーを引き起こすと重大な状態になってしまう成分。

ここに関しては、アレルギーがない状態ではデメリットにはなりませんが、誰がいつ出ても

おかしくない!それがアレルギーです!一度出ればもう戻らないアレルギー、、、

これを発症すると、もう二度とジアミン染料入りのカラーでは染めれなくなります。

よく言われるのが、ジアミン入りのカラーで染めている時に、少しでも痛みやかゆみを

感じる方は、ジアミンアレルギーの予備軍です。いつかは分かりませんが、いずれアレルギーを

発症する予備軍です。なのでそういった方は、染める前にパッチテストで様子を見てから

染められるほうが賢明です。手間がかかるのがネックなんですが、、、

で、このジアミン染料を過酸化水素で酸化させて発色させて髪をそめます。

カラー剤って色々な色があるのに、混ぜる前ってほとんど白色でしょ?酸化発色する前は

色がないものが殆どです。もともと色のついたものがありますが、直接染料という染料を

使用したものです。染料の仕組みが違うんですね!出したい色味によって、直接染料の方が

キレイに色を出せるものや、ホームカラーなどこの直接染料を使用しています。

発色が早く、鮮やか。裏を返せば、色が落ちやすい。そう、表と裏。

で、髪を脱色して、その脱色した髪に染料を乗っけて染めるってのがアルカリからーの仕組み。

当然、脱色すればするほど、染料の色はきれいに出ます。

画用紙を想像してみてください。白の画用紙。黒の画用紙。茶色の画用紙。

ここに色鉛筆で色を塗ります。どの画用紙が一番色鉛筆の色が出ますでしょうか?

そりゃー誰が塗っても白画用紙ですよね!!

髪も同じ。元のメラニンが無いほどキレイに色が出ます。

その裏は?