羽曳野市古市のトウゲンキョウ便り

ブログ画像ブログ画像ども。トウゲンキョウです!

本日も太陽がかなり近くに感じる、狂暴な暑さが暴れています!

熱中症で亡くなられている方も出ているので、気を付けましょう!!

はい!本日のブログ。キャンプの続きです!

夕刻が迫り、晩のご飯の支度にかかります。焚火はよくするので

火おこしは、火をつけたらほっとくだけ。で、まずは米の準備。

研いでから、30分は吸水させたいので先にしました。で、ここでまさかの展開!!

子供たち三人が、誰が米を研ぐかで揉めてます(笑)そんなにしたいのかな???米とぎ(笑)

末っ子が、今回のキャンプは俺が初参加でメインやから、俺に研がせろと。

しかし、そんな意見がハイそうですかと簡単に通る訳がない兄弟関係!!(笑)

結局はジャンケンで次男が研ぐことに。末っ子は拗ねてます。

いらっとして、ジャンケンしてから言うな!!と、普段なら喝を入れるところですが

今回は、怒らないが私のテーマ(笑)じゃあ、うえ二人のお兄ちゃんに

ジャンケンしてから言うな!!って言われてました。

次男は米とぎ初!教えて研がせますが時間がかかります、、、、

すでに子供たちは、腹ペコです。空腹が最高の調味料!!!と言いますので

もっと空かせます(笑)で、米を吸水さしてる間に、食材の準備!!

まあ、末っ子はトウモロコシなので剥くだけ(笑)

三男はサツマイモなので、濡らしたキッチンペーパーで包み、アルミホイルで包む。

次男は同じ様にジャガイモを包み、鮎の準備をさせます。

自分が食べたい鮎なので自分で処理させます。包丁で鱗をとらせ、腸を出し塩を振って

ヒレに化粧塩をし、焦げないようにヒレをアルミを包みます。

で私は、持ってきたサーロインの塊に、クレイジーソルトをもみ込みます!!

クレイジーなおっさんによる、クレイジーソルト肉!!

食材の下準備をすませ、炊飯にかかります。弱火で5分、中火で5分、強火で5分、とろ火で10分

で、蒸らしを10分!!その間、トウモロコシを焼き刷毛でしょうゆを塗る末っ子に

鮎を焼く次男。イモは直火に掘り込み時々回します。超腹ペコな末っ子は

初めて食べる白いトウモロコシの美味さに感激!!

醤油が超合うってコメントを連発してました(笑)そりゃ合うやろ!!と心でツッコミ!!(笑)

次男は黙々と鮎をほじくって食べてます。