羽曳野市古市のトウゲンキョウ便り

ブログ画像ども。トウゲンキョウです!

中々緩まない猛暑!

はい!シリーズ白髪染めについて、だらだらと続くこのシリーズ(笑)

ヘアーマニキュアの話まで行ってましたかね?

プラスとマイナスの電荷で吸着させるカラー。その関係で地肌に着くとめっちゃ地肌が染まります!

もう、ビックリするぐらい色つきます!(笑)アホアホマンの様につくとマジックで塗ったかの様に

地肌が染まります。なので髪を染めるときは根元を少し開けてしか塗れないので、根元少しは

白髪が残ります、、、その為、地肌には負担は全くありませんが。だって塗らないから!

なので、根元が気になる方にはちょっと不満があるかもしれません。

あと、色持ちなんですが洗うたびに当然落ちていくのですが、全部綺麗には落ちず

結構残るので色味をチェンジする時には結構邪魔な存在になったりします。

特に赤身は残りやすく、ブリーチでもかなり残るので色味を変える予定がある方には要注意です。

まあ、マニキュアはこんなところですかね!

では次の白髪染め!トウゲンキョウでは香草カラー!

粉末の毛染めです。トウゲンキョウの香草カラーは水溶きタイプ。

他にも、オキシで溶くタイプのも、あるのですがこれは酸化力が高いので

アルカリはほとんどなくても、水溶きの物に比べるとパワーがあります。

なので、アルカリカラーと変らない部分も出てくるので、トウゲンキョウでは水溶きタイプを使用。

香草カラーという名前ですが、何も植物で染まる訳ではありません!(笑)

植物性の染料やエキスは入っていますが、染める仕組みはこれも科学の力で染めます。

普通のアルカリカラーは前のブログでも書きましたが、アルカリとオキシドールの化学反応

で、活性酸素を発生させ地毛のメラニンを破壊し酸化染料を酸化重合させ染色させる仕組み。

この粉系カラーの香草カラーはメーカーの発表ではアルカリ不使用。

あくまでメーカー発表なんで調べていませんが(笑)

で、オキシドールも使いません。しかし酸化は水だけでもします。

アルカリとオキシの爆発的酸化に比べてかなり穏やかですが。

で、その緩い酸化で染料を酸化重合させて染めます。

なので、普通のカラーよりは酸化染料の配合量は多いと思います。

なので、ジアミンアレルギーの方には大きなアレルゲンになってしまいます。