羽曳野市古市のトウゲンキョウ便り

ブログ画像ども。トウゲンキョウです!

どうやら夏バテの模様です、、、好きなお酒も昨日から控えて体調管理に努めています!

はい!シリーズ白髪染めについて!なんですが、前回書いた赤味を消す白髪染めについて。

数年前から、美容市場に出てきた赤味を消して外国人風カラーなんて触れ込みで

沢山のメーカーからそういった類のカラー剤が出てきています。

まず、外国人風???どこの国???って感じですし、アメリカなんて多人種国家!

どの人種を指すのでしょうか???いまいちフォワっとしていて???な感じです!

まあ、短足でスタイルの悪い日本人があこがれるのは白人ですかね???(笑)

もともと赤味の少ない人種のカラーを模倣したカラーとでも申しましょうか、、、

透明感のある透けたカラーね!!しかし当然ながら日本人は赤味の強いメラニン持ちです。

なので、こういった赤味を消して透明感を出そうと思えば、当然赤いメラニンを

脱色しないと出来ません、、、で、ずっと書いている様にメラニンを破壊するって事は

ダメージに直結!そう!痛みが大きいのです!

ここを理解されてされる場合は良いですし、そうしないとそういった風合いのカラーは出来ません。

分かりやすく言えば、ブリーチしてから色味を入れるダブルカラーを1工程でやってしまうカラー!

で、当然もともと持っているメラニンの質は同じ日本人でも個体差があります。

もともと髪が細くて、赤味の少ない髪質の方なんかは、結構一度でその風合いが出ますが

髪が太く赤味の強い髪の人は一度ではそこまで赤味も消えないですし、透明感も出ません。

なので、担当する美容師さんによっては、何度か繰り返し染めることを推奨します。

そりゃー、考えは合っていますがカラーの事しか考えれていません。

気を付けないといけないのが、薬剤を使用する施術はカラーリングだけですか???って事。

パーマや縮毛矯正をされる予定の方には、其の分の髪体力の事も考えないと

髪は破綻します、、、

パーマや縮毛矯正をあきらめても、その髪色をしたいならそうなされば良いだけなんですが

そこも欲張ると、悲惨な結果が待っているだけになります、、、

もし、されるのであればそこまで確認を取ってくれる担当美容師さんにお願いするか

パーマや縮毛矯正も責任もって担当してもらいましょう!!