羽曳野市古市のトウゲンキョウ便り

ブログ画像ども。トウゲンキョウです!!

高校野球も開幕し、夏本番。

本日、8月6日は広島に原爆が落とされた日、、、73年前の今日。

73年前って、昔ととるか、最近ととるか、、、まだ100年も経ってはいません、、、

犠牲になられた方の為にも、世界の平和を実現しないといけないと毎年感じます、、、

犠牲者の方が今の世界を見たら、一体どう思うのでしょうか?、、、

忘れてはいけないと、毎年肝に銘じます!!

はい!!シリーズ白髪染め!!最終のヘナの話。

ただの植物の葉っぱでオレンジ色にしか染まらないヘナ、、、

ちらほらとしか、白髪がない人はその白髪がオレンジに染まることで、とても目立ちにくくなります。

しかし、白髪が多い方はヘナだけで染めると、かなりパンチのあるオレンジ色に染まります(笑)

その色に抵抗のない方は良いんですが(笑)

抵抗のある方は、そのオレンジに染まった上からインディゴをかぶせて2回染めをします。

インディゴは藍染めに使われる植物染料。色は藍色です。

オレンジと真反対の補色になります。このインディゴを被せることにより

オレンジを打ち消し茶色に染め上げます。なので白髪が多い方のヘナ染めは

基本2度染めになります。

インディゴ染料を持つ植物は何種類かあるそうです。日本の藍染めに使う藍はタデ科の植物。

トウゲンキョウの染めで使うインディゴはインド藍でマメ科の植物になります。

他にもヨーロッパのインディゴなどもあるそうです。

ヘナのオレンジとインディゴの藍色を混ぜて一度で染めればいいんじゃない???って

思いますよね?確かに混ぜると色は混ざるのですが、混ぜると極端に染める力が落ちてしまいます。

もともと、ヘナもインド藍もひとの髪を染めるために、この地球上に存在してるわけでは

ありません!!(笑)その効果を人間が利用しているだけです。(笑)

なので、一度で染めれるように科学的に弄ったヘナ。通称ケミヘナ!!と言われる

ヘナであってヘナでないヘナがあります。しかし、こうなるとヘナで染めるメリットは

無くなってしまいます、、、

ヘナって毛を染めるものと思われますが、(実際染めるものなんですが)(笑)

毛を染める以外に大きなメリットが存在します。

そのメリットを求めて、ヘナ染めを続ける方が殆どです!!

写真はインド藍です!

続く